窪田正孝、なぜか全部脱いで浴室で手洗いする「洗濯男子」素顔

写真拡大

 放送中の主演ドラマ「僕たちがやりました」(フジテレビ系)が好評の窪田正孝。24日放送の「PON!」(日本テレビ系)に出演した時に見せた“意外な顔”が話題になっている。

「窪田は“洗濯男子”と銘打って登場。なんでも洗濯にこだわりがあり、普段から手洗いでやっているというのです。スタジオでは生洗濯を行ってみせました」(テレビ誌ライター)

 番組では、窪田が10年以上洗濯物を手洗いしていることを紹介。「本当にこんな企画を出してしまって申し訳ない」と照れ笑いを浮かべながらも、白いシャツを使って窪田流手洗い術を披露した。

「家では風呂場でシャワーを浴びながら、全部脱いで洗濯しているそうです。スタジオでは脱ぎませんでしたが、洗濯物を叩きつけたり踏んづけたりして、ストレス発散にもなると言ってましたね」(前出・テレビ誌ライター)

 その様子を見た出演者の華原朋美は「やっぱり手つきが慣れてますね」と感心。脱水するときは“おにぎり絞り”と称して、「おらぁ!」と気合を入れてシャツの水気を固く絞り、最後は丁寧にハンガーに干してフィニッシュした。

 そんな窪田の意外な一面に、ネットでは早速「洗濯男子? この手の動き なんなんだぁ〜」「やっぱ窪田くんの手の血管は最強」などのコメントが飛び交っている。

「洗濯好きからもわかるように、窪田は潔癖症。ファンの間では有名な話です。23日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演した時は『休みの日には6時間ぐらいかけて洗車をしている』『シャワーの後には体を拭いて、風呂の壁をシャワーで全部洗ってから、前に使っていた古い吸水タオルで拭いている』と説明。掃除好きで、実は女子力も高いのです」(女性誌記者)

 窪田は7月29日公開の映画「東京喰種 トーキョーグール」で主人公・カネキ役を演じる。女子力の高い窪田が、本業でどんな演技力を見せるか楽しみだ。