12星座【泣き虫】ランキング 魚座は過去のつらいことを思い出しては泣いちゃう!

写真拡大

 あなたは、どんなときに泣きますか? 悲しいとき、さみしいとき、ショックを感じたとき、うれしいとき……。感情の揺れが涙に結びつきやすい人も、滅多に涙は出ない人もいるでしょう。今回は、普段からよく泣く人を、12星座ランキングで紹介します。

■第1位 牡羊座……喜怒哀楽、気持ちが昂ると涙があふれる
 直情型で裏表のない牡羊座。特に親しい人の前では、怒りも涙も一切隠さないでしょう。また、感情と涙が一番結びつきやすいのも、12星座のトップバッターである牡羊座の特徴です。気持ちが昂ぶる度に、本人の意思とは関係なく、自然と泣いてしまったりします。本人も困っているかもしれませんが、それがかわいいい、と思われることもありそうです。

■第2位 蟹座……気持ちに素直、うれしいときも泣いてしまう
 とにかく情が深く感動屋の蟹座。映画やドラマを見ては涙、本や漫画を読んでは涙。そして蟹座の特徴として、「うれしいときに泣く」というものがあります。人に気持ちを見せることに抵抗がない、素直な性格からきているのでしょう。蟹座にとって泣くのは正直に自分の気持ちを示すための行動でもあるので、当たり前のことなのかもしれませんね。

■第3位 魚座……過去のつらいことを思い出しては泣く
 魚座は女性性が強く、マイナス感情に引っ張られることが多い星座。どんなことに対しても不安の種を見つけてしまったり、少しのことで悲しくなってしまったりして、そのたびにホロリと涙を流します。また、魚座は時間や空間に縛られないという才能も持っているのですが、そのせいで過去のつらいことを思い出して感傷に浸り、何度も同じことで泣いてしまう、という特徴もあるようです。

 第4位の天秤座は一見クールに見えますが、それは素直で涙もろい性格を隠すための仮面です。親しい人の前では泣き虫な自分を隠すことはないでしょう。第5位・射手座は、基本ポジティブなため悲しみで泣きはしませんが、自分に向けられるプラスの感覚にはとても敏感です。何気ない優しさや親切に対しては、深く感謝してすぐ涙腺が緩みます。

 第6位は、蠍座。蠍座の涙は重みが違います。普段はどんなことがあっても我慢して泣かずにいますが、限界がきたときだけは思いっきり泣くでしょう。第7位の獅子座は、感情豊かでもらい泣きをしやすい性格です。でも、一緒に泣く人がいない1人のときには滅多に泣かないでしょう。

 第8位・水瓶座は、クールです。笑っていても泣いていても、そんな自分を心のどこかで冷静に眺めている。そんな感覚の持ち主なので、心から泣ける人をうらやましく思うこともあるかもしれません。第9位・乙女座は泣き顔や怒り顔のような直情的な面を見られるのは恥ずかしいと考えているため、たとえ泣きたくなる出来事があっても、涼しい顔を保つでしょう

 第10位の牡牛座は、いつも穏やか。泣くことは滅多にありませんが、本当においしいものを食べたときや、本気で欲しかった物を手に入れたときのみ、うれしくて目頭が熱くなることも。第11位は、双子座。自分の内面を人に見せない姿勢に関しては天才的です。また、切り替えも早いため、涙が出そうになってもその場はこらえて、暫く経った後はもう別のことを考えているので、泣くタイミングがない、という感じでしょう。

 そして第12位は、山羊座。とにかく冷静で、自分に対しても人に対しても感情的になることはあまりありません。たとえ目の前で人が泣いていても、もらい泣きをするどころか同情すらせずに「ああ、そう」ですませる鋼のメンタルを持っています。また、涙を流すという行動にもあまり意味を見いだせず、人はどうして泣くのだろう、とその仕組みについて興味を持って調べたりするタイプです。

 涙を流す理由は、人それぞれ。その受け取り方も、人それぞれですが、大抵は感情が絡んでいます。自分が泣いてしまったとき、誰かが泣いているとき、どうして涙が出ているんだろう、と考えてみると、そのときの感情をより深く理解できるかもしれませんね。
(源彩乃)※画像出典/shutterstock