SF9、早くも日本2ndシングルリリース&初コンサート開催「僕たちの“初”を見届けてほしいです!」

写真拡大 (全10枚)

FNCエンターテインメント初のダンスボーイズグループSF9。昨年10月に韓国でデビューし、半年後の今年4月に日本で初のショーケースを開催、大きな話題を呼んだ。そしてそれからわずか2ヶ月後の6月7日、「Fanfare」で日本デビューを果たした。ユニークかつダイナミックなパフォーマンスと抜群の歌唱力で早くも日本のファンを魅了している彼らは、8月には東京・大阪での日本初コンサートが決定、2ndシングルをリリースするなど、今後の日本で活動にも期待が高まっている。

そんな彼らにKstyleは日本デビュー当日にインタビューを敢行! 日本デビューを迎えた心境から早くもリリースが決定した日本2ndシングル、さらに最近新しくなった宿所などオフの過ごし方についてまで、幅広く語ってもらった。

【プレゼント】SF9直筆サイン入りポラを2名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート
【PHOTO】SF9「皆さんに早く会いたくてこんなに早く2ndシングルを発表します!」

――日本デビューおめでとうございます!本日実際にデビュー日を迎えていかがですか?

ヨンビン:ずっと楽しみに待っていた日だったので、とてもうれしいし、感謝の気持ちでいっぱいです。本当に最高の気分です!

ダウォン:とても緊張していますが、見守ってくれている方々がたくさんいらっしゃるので、さらに一生懸命活動しなければと思った1日でした。

――そして早くも日本2ndシングルのリリースが8月に決まりましたね。今どんなお気持ちですか?

ジュホ:また違ったカラーを持った曲で日本での活動ができることを、光栄に思います。この曲でも皆さんにかっこいい姿をお見せする予定ですので、応援よろしくお願いします!

チャニ:日本デビューからこんなに早く2ndシングルを出すことになったのも、僕たちが皆さんに早く会いたいからです。皆さんに継続して努力する姿をお見せしたいです。一生懸命頑張ります!

――2ndシングルの「Easy Love」はどんな曲ですか?

ジェユン:「Easy Love」は、僕たちがこれまで韓国で発表した「Fanfare」や「ROAR」のような力強い曲とは雰囲気が異なる曲です。少年の悲しみを表現した曲なのですが、ミュージックビデオを撮る時もおぼろげな雰囲気を出すように努力しました。少年たちの心の痛みに聴く人が共感できるような歌詞に仕上がっていると思います。それからサビのところでジャケットを利用した振り付けがあります。それがこの曲のダンスのポイントになります。

――収録曲の「Jungle Game」はどんな曲ですか?

ロウン:僕たちにとっては挑戦の曲でした。僕たちの隠れている理性を探し出そうという内容ですが、簡単ではないコンセプトだったので、僕たちも一生懸命歌詞を吸収しようとしました。パフォーマンスの部分では、チャニを持ち上げてロボットを作るロボットダンスがあります。これはダンスの先生と僕たちで作ったものです。それからサビの部分はチャーリー・チャップリンを連想させる、おどけたようなポイントダンスもあります。ですので、この曲は歌の部分でもパフォーマンスの部分でも、特にたくさん考えて作り上げた曲です。

――もう一つの収録曲「Still My Lady」はどんな曲でしょうか?

テヤン:メロディーが美しく、雰囲気も明るいので、愛を歌う曲なのかなと考えるかもしれませんが、歌詞を見れば悲しい別れを歌っているものだとお分かりになると思います。曲の雰囲気と相反する歌詞が魅力ポイントだと思いますし、集中して鑑賞していただける曲だと思います。

――「Easy Love」の日本語バージョンのMVもすでに撮影を終えているんですよね。

フィヨン:はい、日本語バージョンは韓国語バージョンとはセットも違います。また、日本語になったことで少し歌詞も変わりましたので、個人のカットなどではそういった部分も考慮して表情なども研究しました。また、韓国語バージョンでは全員のシーンで下に砂を敷いたところで踊っていますが、日本語バージョンでは雪を降らせる演出があります。

――MV撮影中に記憶に残っているエピソードはありますか?

ロウン:エピソードたくさんあるよね(笑)

インソン:たくさんありすぎてどれを話していいか分からないんですけど……(笑) 日本語バージョンでは雪が降る演出があったので、歌おうとすると雪が口に入って食べてしまいそうになりました(笑) 韓国語バージョンでは下が砂だったので、2、3回踊ると靴の中に砂がたくさん入ってしまって、砂浜で踊っているかのような感じでした。あと何があったかな?

ロウン:僕は日本語の歌詞がとても難しかったです。歌詞がうまく言えなくて、それでけっこう間違えてしまって、撮影の時間が長くなった記憶があります。

ジェユン:それで僕が怒ったんですよ(笑)

ロウン:それは冗談ですけど(笑)

インソン:でも楽しく撮影をしました。

ジェユン:僕たちはいつでも楽しく撮影しています!

「コンサートではまだ一度も見せたことのないステージをお見せします!」

――8月には日本で単独コンサートが決定していますが、どんなステージを準備していますか?

ヨンビン:日本で初めてのコンサートですね。とても楽しく、コミュニケーションをすることができる時間を準備しています。僕たちも初めてですので緊張していますが、本当にたくさんの曲を披露する予定です。SF9がお見せできるすべてのステージと、このコンサートのために初めてお見せするステージがあります。韓国でも一度もお見せしたことのないステージも準備しているので、ぜひ一緒に楽しんでもらえたらうれしいです!

――4月に開催した日本初ショーケースの後、5月には「KCON 2017 JAPAN」にも出演し、大きなステージに立ちましたが、いかがでしたか?

ジュホ:本当に大きなステージでしたが、緊張というよりは責任感を強く感じて挑んだステージでした。ステージに立ったら、想像よりも大きな歓声と応援に迎えられて幸せな気持ちで曲を披露できました。先輩のCNBLUEの皆さんとも一緒の日があって、楽屋に挨拶に行ったら食べ物をくれたり、夕食も一緒に食べて冗談を言い合いながら楽しくお話をさせていただきました。でもその後のステージではガラッと変わった真剣な表情や、ステージを楽しむ姿勢を見て、やっぱりベテランは違うんだなと思い、またそのような先輩がいることがとても誇らしかったです。

――今回のEXOや防弾少年団など先輩グループのカバーダンスも披露されていましたが、特に難しかったダンスはありますか?

チャニ:「KCON」ではカバーダンスだったのに、僕たちにたくさん声援を送ってくださったので楽しんで踊ることができました。これまでさまざまな先輩のダンスをやってきて、正直すべて難しかったです。やはり各グループにダンスの特長というのがあって、それぞれのダンスの難しい部分やポイントとなる部分も違うので、とても勉強になります。

ダウォン:僕は自分の曲のダンスをこなすのも大変だから……(笑) でもダンスのうまいヨンビン、テヤン、チャニや、ジュホもよく教えてくれるので、メンバーに教わりながら、ダンスの道はまだまだ学ばなければいけないことが多いなと思っています。

フィヨン:次は僕にも聞いてね(笑)

ロウン:この2人はライバルなんですよ(笑)

メンバーが日本でやりたいこと、行きたい場所とは?

――SF9のステージもハードですが、ステージ披露の際に意識していることや、自身だけのノウハウのようなものはありますか?

フィヨン:最近やっているのですが、僕たちはステージに立つ前に全員で集まって「ファイティン!」と言います。これをやると僕は責任感が生まれて、一生懸命やろう、メンバーと楽しくやろう、という気持ちになります。

ジェユン:最近メンバーたちが、それぞれの見せ方がすごく上手になってきたなと思うんです。特にフィヨンは、歌うパートも増えてきて、そうなるとアップになる場面も多くなると思うのですが、表情の作り方が上手くなったと思います。

ロウン:僕は最近、メンバー同士がさらによく合ってきているというか。何も言わなくても理解してくれているというか、そんな感じがします。僕はそれが一番重要じゃないかと思っているんです。

ジェユン:かっこいいね(笑)

――2ndシングル発売、単独コンサートも決まり、この夏日本での活動も多くあると思いますが、日本でやってみたいことはありますか?

テヤン:観光名所に行ってみたいです。東京タワーとか温泉も行きたいです。日本は地域ごとに美しい場所が多いので、いろんな場所に行きたいです。

ジェユン:ジュホが温泉に本当に行きたいみたいなんです。いつも行きたいと言っているけど、なかなか実現できずにいます(笑)

ジュホ:いつもSNSやYouTubeで温泉を見て、温泉に入ってゆで卵も食べてみたいなと思っているんです。

フィヨン:温泉で卵を食べるの!?

ジュホ:うん、温泉で温めてゆで卵を作るんだよ。韓国ではそういったものがないので、ぜひ一度やってみたいです。でも今はスケジュールが忙しくてまだできていないので、いつか余裕ができたら知人やメンバーと温泉に行って、卵を食べたいです!

インソン&フィヨン:いいねいいね!

インソン:僕は東京大学に行きたいです。東京大学の図書館に行きたいです。

ダウォン:学生証がないと入れないんじゃない?

インソン:ちょっと入ってみたらだめかな?(笑)

ダウォン:不法侵入だよ(笑)

――インソンさんは本に関心が高いんですか?

インソン:はい、ついさっきまで読書をしていました(笑)

全員:うそつき!(笑)

インソン:でも本当にメンバーたちが楽屋で本はたくさん読んでいるんです。それを見て僕もそこは見習わなければいけないと思うし、インタビューや話をする機会もたくさんあるので、知識をつけるという意味でも最近たくさん本を読むようにしています。

ロウン:あ、僕はディズニーランドにも行きたいです!

全員:あ〜僕も!

フィヨン:それから皆でスキーをしたいです!人工ではなく自然の雪で!

ジュホ:僕はNARUTOの村に行きたいです、死ぬ前に絶対に行きたいところです!

ロウン:それから皆で相撲も見に行きたいです!

テヤン:日本のコンサートホールにいろいろ行ってみたいです!東京ドームとか!

ジュホ:一蘭のラーメンも食べに行きたいです。

ダウォン:うどんも食べたいです!

ロウン:なんだか日本にいるのに韓国料理をたくさん食べてるもんね(笑)

新しい宿所での生活は「快適」「戦争」!?

――最近宿所が新しいところに変わったんですよね。KBS 2TV「下宿屋の娘たち」で公開されていましたが、新しい宿所はいかがですか?

ヨンビン:以前よりもずっと良くなりました。まずは地下ではなく地上になりましたし(笑) 屋根部屋(ロフト) もあるし、トイレも2つになりました。新しい部屋に満足しています。事務所に良い部屋を用意していただき、快適に生活しています。

ジュホ:新しい宿所の部屋は4人、2人、2人、2人で部屋を使っていますが、僕はメンバーとではなく、マネージャーさんと2人の部屋です。僕は他のメンバーに危害を与えちゃうので(笑) 以前鼻炎でよく鼻をかんでいたし、その治療が済んだら今度はすぐに風邪をひいちゃって……(笑) だからメンバーと一緒の部屋は諦めてマネージャーさんと部屋を使っています(笑)

――テヤンさんとフィヨンさんの2人部屋には日本語の参考書も置いてありましたね。

テヤン:はい、日本でも活動をするので、最近一生懸命勉強をしています。僕だけでなく、メンバー皆勉強しています。

フィヨン:テヤン兄さんが家でもずっと日本語で話すので怒ったこともあります(笑) 韓国で話す時にも日本語を使ってくるので、それが僕には難しくて(笑) でもそれ位一生懸命です。

――日本語と言えば、ダウォンさんはとても日本語が上手ですよね。

ダウォン:まぁ、天性の才能です(笑)

全員:(爆笑) ダウォンは日本語の天才です! エースです!

――チャニさんの新しい部屋はどうですか? 気に入っていますか?

チャニ:僕は以前はテヤン兄さんと一緒の部屋でしたが、新しい部屋ではダウォン兄さん、インソン兄さん、ロウン兄さんと4人で部屋を使っているんですが……ああ、とても疲れます(笑)

全員:(爆笑)

フィヨン:チャニがよく僕とテヤン兄さんの部屋に来るんですよ。

チャニ:僕をいじめるロウン兄さん、うるさいダウォン兄さん、そして間に入るどころか火に油を注ぐインソン兄さん……ああ、戦争のような毎日です(笑)

チャニ VS フィヨン、結局悪いのはどっち?

――ロウンさん、チャニさんがいじめられていると言っていますが(笑)?

ロウン:僕はいじめているつもりはぜんぜんなくて、愛をあげていると思っていたんですけど……(笑) でもチャニがそんな風に思っていたと聞いて、これから僕はチャニと目も合わせません(笑)

全員:(爆笑)

ダウォン:僕も出て行きます(笑)

インソン:でもチャニはよく僕のベッドで横になってますよ。

ロウン:僕のところでも寝てますよ。

フィヨン:それからこの間チャニになんだか急用があるかのように呼ばれたんです。その時他のメンバーは個人練習をしていて、僕とチャニ、ヨンビン兄さんの3人だけ家にいたんです。その時チャニが急用のように呼ぶので何かなと思って行ってみたら、チャニは二段ベッドの上を使っているんですけど、そこに横になっていて、「どうしたの?」と聞いたら「下に置いてあるかばんを取って」と言うんです。

全員:あ〜。

フィヨン:具合が悪いの? と聞いたんですけど、そうではなくて、ただ下に下りるのが疲れるからだって言うんです。

全員:うわぁ〜ひどいな。

ジェユン:フィヨンの方がお兄さんでしょう?(笑)

フィヨン:それを聞いてホントに呆れて……人を呼ぶよりも自分が下りて取った方が早くない? と言ったのに、それはだめなんだって言うんですよ。結局僕はやらなかったんですけど、それでも自分で取ることはなく、かばんはずっとそのままになってました……(笑)

――チャニさん、フィヨンさんからこのような申告がありましたが?(笑)

チャニ:いや、僕はフィヨンさんが部屋に来たので、ちょうど前に立っていたのでやってくれるだろうと思って……「兄さん、申し訳ないけどかばん取ってくれる?」と言ったんです。そんなに急いで呼んでもないですよ。

ダウォン:もしかしてフィヨンの方が悪い?(笑)

チャニ:それなのにそう言ったらフィヨンさんが「おい、お前な……」って。もし僕だったらそれくらいやってあげますよ。パスワードがあるわけでもないし、難しいことでもないじゃないですか。かばんが目の前にあるんだから。外国にあるわけでもないし。

全員:(爆笑)

チャニ:それなのに兄さんが「そういうところは直さなきゃいけない」って……(フィヨンの声マネをするチャニ)。

全員:チャニのモノマネに爆笑

ダウォン:話を聞いていたらインソン兄さんが間違っていると思います(突然無関係のインソンの名前を出すダウォン)

インソン:え? あ、はい、ごめんなさい(笑) 僕が努力します(笑) えっと……結局どんな質問でしたっけ?

全員:(爆笑)

人の食べ物を勝手に食べるメンバーに非難集中!?「もう僕はずっと日本にいます」

――テヤンさんとフィヨンさんは、部屋の引き出しからオレンジを取り出して2人で食べてましたね(笑) 部屋に食べ物を隠しておいて他のメンバーには内緒で食べることもあるのですか?(笑)

テヤン:あの時は隣の部屋で収録中で、部屋の外に出ることができなかったんですよ。

フィヨン:正直に話すと、僕たちはメンバーが9人もいるじゃないですか。それにマネージャーさんも入れたら12人もいるんです。僕は以前あることを目撃したことがあって、オレンジを外に出せなかったんです。ダウォン兄さんが、ロウン兄さんの買ってきた食べ物を勝手に食べたんですよ。

ダウォン:あのチェリーは食べてもいいチェリーだったんだよ。

ロウン:何言ってるの!

フィヨン:こういう風に言うんですよ(笑)

ロウン:僕がチェリーをすごく食べたくなった時があって。自分で買って、後で食べようと洗って冷蔵庫に入れておいたんです。普通は食べるにしても、「食べてもいい?」と聞くじゃないですか。それなのにダウォン兄さんはあたかも自分の物のように普通に持って歩いていて、「誰の?」と聞いたら「僕のだけど?」と言うのでダウォン兄さんのなんだなと思っていたんです。その後チェリーを食べようと思って冷蔵庫を開けたらチェリーがないんですよ!

ジェユン:自分の手の中にあるから自分の物という認識なんでしょう(笑)

ダウォン:そのチェリーを誰が食べたの?

ロウン:あなたでしょう(笑)

チャニ&フィヨン:それなのに自分のを誰かが食べると怒ります(笑)

ジュホ:自分勝手なんですよ!

ジェユン:以前ダウォンの小さいチーズを1つ食べたんですよ。それだけで兄・弟関係なく怒るんですよ。

チャニ:そう、小さいチーズ1つ食べただけでも文句を言います。

チャニ&ロウン:ホントに疑問なんだけど、どうして人のを食べちゃうの?(笑)

ダウォン:はい、皆さん聞いてください。僕はあれは100%全部僕のものだと思ってたからですよ。

ロウン:冗談でしょう!

フィヨン:100あったら3くらいは皆にも分けてあげないとでしょう!

チャニ:それでいて自分がお腹がすいていない時はくれます(笑)

インソン:自分が食べたくない物は他のメンバーに食べてと言うんですよ(笑)

フィヨン:そうやって食べさせて、弱点をつかもうとしているんだから!

ジェユン:メンバーが隠れて食べるようになるには理由があるということです(笑)

ロウン:僕は別に、食べるのはいいんですけど、その前に一言言ってほしいんですよ。何も言わずに勝手に食べちゃうから……。

ダウォン:僕はもう韓国に帰りません。皆さんのお陰で家に帰りたい気持ちがなくなりました。日本にずっと残ります。

全員:(爆笑)

ロウン:そしてダウォンはトマトは食べないよね。

ダウォン:トマトは野菜でしょう?

ロウン:野菜は狙わないんだ(笑)

――ロウンさんはドラマKBS 2TV「学校 2017」に出演が決定しましたが、テレビドラマは初めての出演になりますよね?

全員:わぁ〜(拍手)

ロウン:はい、ウェブドラマは以前やったことがありますが、テレビドラマは初めてです。とても緊張しているし不安ですが、一生懸命頑張ろうと思っています。まだ台本は頂いていなくて、撮影は来月から始まる予定です。ですので、今はキャラクターの研究だけしています。

――演技と言えばチャニさんが経験豊富だと思いますが、何かアドバイスはされましたか?

チャニ:いえいえ、アドバイスというよりは、兄さんがずっと緊張して不安に思っているので「兄さん、怖がらないで精一杯一生懸命やればいいよ」と応援だけしています。ロウン兄さんはレッスンを熱心に受けているし、演技も上手です。

ロウン:フィヨンが僕にアドバイスしてきます。演技の練習をしていたら「兄さん、そういう風にセリフを区切ったらダメだよ」って(笑)

フィヨン:演技の勉強をちょっとしたことがあるので、それで言っただけです(笑) でもロウン兄さんは上手ですよ。

ロウン:ありがとうございます(笑)

――最後にこの夏のSF9の活動を楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをお願いいたします。

テヤン:これから日本で一生懸命活動しようと思っています。日本デビューシングル「Fanfare」、そしてこれからリリースする2ndシングル「Easy Love」もよろしくお願いいたします。また、8月には日本で初めてのコンサートもやりますので、たくさんの方に来ていただけたらうれしいです。これからSF9が成長する姿、かっこいい姿をたくさんお見せしますので期待してほしいですし、僕たちのことをたくさん愛してくれたらうれしいです!

ヨンビン:8月の僕たちの日本初コンサートのステージが気になる方はぜひ! 会場に来て一緒に楽しんでほしいです。8月の活動のために今本当にたくさんの準備をしています、僕たちも楽しみにしています。皆さんに初めてお見せする姿、ステージがたくさんあると思いますので、僕たちの“初”をぜひ見届けてほしいです!

撮影:朝岡英輔

■リリース情報
日本2ndシングル「Easy Love」
2017年8月2日発売

・通常盤 CD only ¥1,200(税込)
1.Easy Love -Japanese ver.-
2.Still My Lady -Japanese ver.-
3.Jungle Game -Japanese ver.-

・初回限定盤A CD+DVD+ブックレット24P ¥1,800(税込)
〈CD〉
1.Easy Love -Japanese ver.-
2.Still My Lady -Japanese ver.-
〈DVD〉
1.Easy Love -Japanese ver.- [Music Video]
2.Easy Love -Japanese ver.- [Jacket Making & Music Video Making]

・初回限定盤B CD+DVD+ブックレット24P ¥1,800(税込)
〈CD〉
1.Easy Love -Japanese ver.-
2.Still My Lady -Japanese ver.-
〈DVD〉
1.Easy Love (LIVE from CNBLUE SPRING LIVE 2017 〜Shake!Shake!〜日本武道館 2017.5.18)
2.Fanfare -Japanese ver.- (LIVE from CNBLUE SPRING LIVE 2017 〜Shake!Shake!〜日本武道館 2017.5.18)

SF9 JAPAN OFFICIAL SITE:http://sf9-official.jp