MONSTA X、アメリカツアーのチケット6都市すべて完売…世界的な人気を証明

写真拡大

MONSTA Xのアメリカツアー(シカゴ、ニューヨーク、アトランタ、ダラス、サンフランシスコ、ロサンゼルス)が全席完売になり、ホットなグローバルスターであることを証明した。

12日(以下、現地時間) シカゴのローズモントシアターでアメリカツアーの幕を開けたMONSTA Xは、14日のニューヨーク、16日のアトランタ、19日のダラス、21日のサンフランシスコ、23〜24日のロサンゼルスまで、全ての都市で行う公演が全席完売となり、大きな勢いを見せた。

MONSTA Xは6つの都市を回るツアーで、2万人余りのファンを動員したという。ほとんどの公演会場で、MONSTA Xを一目見るため訪れたファンが長蛇の列を成した。そしてチケットを確保するため、激しい競争が繰り広げられた。チケット確保に失敗したファンは、遠くからでもメンバーを見るために公演会場の周りに列を作るという現地では珍しい光景が見られた。また公演会場ごとに数百メートルの列ができるなど、アメリカを襲った猛暑もファンの情熱には勝てなかった。

ロサンゼルス公演では、ファンの要望で24日に急遽追加公演を設けたが、それでもチケット販売と同時に完売になり、現地でのMONSTA Xの高い人気を見せつけた。

MONSTA X側は「全席完売になり、熱く支援してくださったファンの期待に完璧に応えるため、音楽や演出、パフォーマンスなど全ての部分で感動と面白さを与え、ファンとのコミュニケーションに力を入れた」とファンに感謝の挨拶を伝えた。

メンバーにとっても感慨深い公演だった。ミニョクは「デビュー前に夢見ていたステージに立つことができて、夢のようだ」と言い、アメリカツアー実現に感激を示した。キヒョンは「MONSTA Xを、K-POPを好いてくださる方々と一緒に過ごすことができて、とても楽しくて幸せな時間だった」と付け加えた。

健康上の理由で23日のロサンゼルス公演から合流したヒョンウォンは「遅れてでも参加できてよかったと思っている。待ってくださったファンの皆さんに、これから予定されているワールドツアーの日程はさらに頑張る。楽しみにして欲しい」と感想を語った。

先月17〜18日に、ソウルを皮切りにワールドツアーに突入したMONSTA Xは、8日に香港、今回の米国ツアーを経て今月30日、タイ・バンコクでワールドツアーを行う。続いてフランスのパリ、ドイツのベルリン、ロシアのモスクワ、インドネシアのジャカルタ、台湾の台北、メキシコのメキシコシティなど、世界各地でファンと出会う予定だ。