関門橋のてっぺんから望む海峡の雄大な眺め 通常では行けないインフラツーリズム

写真拡大 (全2枚)

 日本旅行は、西日本高速道路九州支社、JR西日本と共同で、関門橋(山口県下関市と福岡県北九州市門司区を結ぶ道路橋)の通常は立ち入ることができない「関門橋主塔上部」、「関門トンネル換気設備」の見学を含むツアーを発売した。JR西日本の旅クラブ「おとなび」およびジパング倶楽部会員向けのツアーで、参加者の中に一人でも会員がいれば申し込める。

 インフラを見学するツアーはこの数年、ダムや空港、港などの見学を中心に人気が高まっており、国土交通省でも 2016 年から、インフラツーリズムポータルサイトを設置している。そこで、今回は関門橋、関門トンネルを見学するツアーを企画。10 月 22 日、11 月 12 日、12 月 3 日の 3 出発日で日帰り。いずれも20人限定で、旅行代金は 43,800円(こども同額)。

 旅行会社のツアーとしては初公開となる関門橋主塔上部へ塔頂! 普段は絶対見ることができない、海面から約 140mの高さからの関門海峡の雄大な眺めをこの機会に楽しんでみよう!