ファンたちとロナウド

写真拡大

現在シンガポールと中国を移動するクリスティアーノ・ロナウドが、『Marca』誌のインタビューで今後もレアル・マドリードに残留したいとコメントした。
脱税疑惑をかけられ、スペインから出たいと駄々をこねたロナウドであるが、もうしばらくマドリーに留まるようだ。

【関連記事:ハメス レアルの耳に痛い一言】

クリスティアーノ・ロナウドはインタビューで次のように語った。
「昨年はマドリーで重要なタイトルを複数獲得できて最高だった。個人的なタイトルもそうだが、今シーズンも同じような結果を出せたら嬉しい。毎年ハードに努力しなければ。今後もそうする。サッカーは僕の人生で、情熱だ。」

ロナウドは現在もバカンス中であり、マドリーの仲間たちと合流するのは、UEFAスーパーカップのマドリー対マンチェスター・ユナイテッド戦3日前の8月5日となる。

その前の7月31日に、ロナウドは脱税疑惑の件で裁判所に出頭することになっている。