7月26日の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、司会の宮根誠司さんと林マナさんが高須クリニックの高須克弥院長に対し謝罪を行った。

前日25日の放送にて、浅野史郎・元宮城県知事が高須院長の裁判に関しコメントを求められたところ、高須クリニックが「悪徳である」とも受けとめられるような発言を行った。
これに対して、高須院長は同日『Twitter』にて浅野氏の発言は明らかな名誉毀損であり、番組スポンサーの降板も辞さいない意向を明らかにした。

参考記事:「ミヤネ屋」での発言で浅野史郎・元宮城県知事が平謝り!? 高須克弥院長の裁判で
http://getnews.jp/archives/184940[リンク]

林さんが
「浅野さんの発言は裁判の内容を誤解していたことによるもので、高須院長にお詫びするとの気持ちを評している」
「読売テレビとしても、高須院長や視聴者に誤解を与える放送を行った」
といった主旨の謝罪を行い、宮根さんは
「大変申し訳ございませんでした。高須院長、これからも仲良くしていただけますでしょうか。ぜひ『イエス!』と言っていただきたいと思います」
と謝罪の言葉を述べた。

高須院長は『Twitter』にて

ミヤネ屋謝罪してる。もらい事故なのに謝らせて悪かったね。 全部許すぜ。 なう

とツイート。また、

宮根さん。これで全てOKです。
イエス高須クリニック。

ともツイートしていた次第である。

※画像は『Twitter』より

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』