【詳細】他の写真はこちら

日曜大工の強ーい味方に、待望の新モデル。

『Bondic』といえば、光を当てると硬化する液体プラスチックとLEDライトがひとまとめになったペン型の修繕グッズ。瞬間接着剤より手軽で強力だということで、クラウドファンディングから火がついて今や日本国内のホームセンターなどでも見かけるようになりました。

そして現在クラウドファンディング「Kickstarter」には、ミニガン型になって使い勝手が向上したニューモデル『BondicEVO』が登場し、これまた目標金額の3倍以上もの資金を集めているんですよ。

安定したグリップと強化されたLEDライト





『BondicEVO』は従来のペン型からミニガン型へと外観が大きく変更され、液体プラスチックの塗布と紫外線による硬化をよりスムーズに行えるよう改良されました。ペン型のときは硬化させる際にライトが手前に来るよう持ち替える必要がありましたものね。快適で安定した作業のため、グリップには人間工学が採用されているとのこと。



紫外線を照射するLEDライトがパワーアップされ、プラスチックの硬化時間を短縮することができたとされていますし、カートリッジの詰め替えも「クイックリリースカートリッジシステム」で簡単になったのだそう。全体的に細かな改良が施されているのがわかります。



Kickstater支援者への発送は2017年8月、すぐ手に入るかも?



そんな『BondicEVO』、実は思いのほか早く手に入れることができそうで、Kickstater支援者への発送はなんと2017年8月予定とのこと。おそらくクラウドファンディングのキャンペーンが終了次第の発送を考えているのでしょう。プロジェクトページには全世界発送対応可能との表記も見られます。価格は、もっとも安くなる早割の「アーリーアダプター・アーリーバード」で14カナダドル(1250円ほど)より。

この夏休みはお子さんの工作には間に合わないかもしれませんが、日曜大工やDIYのシーンで活用できる日は近そうです。日本国内での早期の正規販売についても、期待したいところではありますね。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト



Kickstarterのプロジェクトページ