ビジャレアルは現地25日、マラガから5年契約で獲得したU‐21スペイン代表MFパブロ・フォルナルスの入団発表を行った。

ビジャレアルがマラガに対して契約解除に必要な違約金である1100万ユーロ(約14億3000万円)を支払って獲得するなど、期待の高さが伺われるP・フォルナルスは、平日にも係らず駆け付けてくれたファンへの感謝を表した。

「これほど熱狂的に歓迎してくれて感謝の気持ちで一杯だ。サポーターにたくさんの喜びを届けられることを願っている」

P・フォルナルスは、ユース時代の2008年夏まで5シーズンに渡りビジャレアルでプレーした経験を持つが、この9年間でのクラブの変貌に驚きを見せた。

「自分がいない間にクラブは大きく進化した。練習施設は素晴らしくなったし、チームも健全な形で成熟している。何もかもが本当にやり易いので、新しい環境にすぐ適合できそうだ」

入団会見に先立ち、この日の午前練習でチームに合流したP・フォルナルスは、「なるべく早くチームメイトとの相互理解を深めて行きたい」と述べると共に、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)、ヨーロッパリーグ(EL)の3大会に臨む新シーズンの抱負を明らかにした。

「個人的にはヨーロッパの舞台でプレーできることを楽しみにしている。ビジャレアルには大きな事を成し遂げられる素晴らしい力がある。このチームならどの大会でも高い所を狙えると思っている」

【関連リンク】
試合観戦を楽しむリーガ・エスパニョーラ16−17シーズン選手名鑑!!