MFポール・ポグバ(左)とFWズラタン・イブラヒモビッチ

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバが、現在契約が切れて無所属となっているFWズラタン・イブラヒモビッチがチームに与える影響は大きいと語ったことを、『ESPN』が伝えている。

 昨季パリSGからマンチェスター・Uに加入したイブラヒモビッチは前線の核として、公式戦46試合出場28得点を記録した。しかし、4月に行われたヨーロッパリーグ準々決勝のアンデルレヒト戦で右膝靱帯を損傷。1年の契約延長オプションも付いていたが、全治8か月と報じられる大怪我を受け、ユナイテッドは行使しないことを決断した。

 ポグバは、現在は復活を目指してリハビリを続けている35歳のベテランFWを「間違いなくズラタンはリーダーだよ。彼はいまだに僕らの偉大なリーダーなんだ」とリスペクト。

「たとえプレーしていなくても、ピッチ外で僕らを導いてくれる。僕は1シーズン彼とともにプレーしたけど、僕は彼のようなリーダーになりたいんだ。明確な目標というわけではないけど、彼のように振る舞いたいと思ったんだ」


●プレミアリーグ2017-18特集