画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ファミリーマートは7月25日、「ニュータッチ 凄旨 鬼金棒カラシビ味噌らー麺」(税込278円)を全国の「ファミリーマート」店舗で発売(一部店舗を除く)。これは、神田と池袋に店舗を持つ、激辛系ラーメンの人気店「鬼金棒(きかんぼう)」のカップ麺バージョンとなる。先週、「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を実食して悶絶した筆者。せっかくならば、どちらが辛いのか確かめてみよう。

○唐辛子の辛さ×山椒のしびれが「カラシビ」の秘密

「鬼金棒」は2009年に東京都・神田に誕生し、現在池袋と神田の2店舗を構えている。看板商品の「カラシビ味噌らー麺」は、唐辛子の辛さと山椒のしびれをあわせもつ味噌ラーメン。実際に店舗で食べた時は、山椒のしびれるような刺激が印象的で、「辛うま」の「蒙古タンメン」とはまた違った辛さだと思えた。

早速作って食べてみよう。中からかやくと後入れ液体スープ、調味油、そしてカラシビスパイスを取り出す。かやくを振りかけてから、湯を入れて5分待機。その後、蓋の上で温めていた後入れ液体スープ、調味油を入れ、最後にカラシビをかければ完成だ。

「適量が分かんないから、全部かけちまえ」と思い、山椒のツンとした香りのスパイスをたっぷりと盛る。かなり辛そうだ。どのくらいの辛さなのだろうかと、蓋の裏を見たら「カラシビスパイスを全量入れることで、(店舗の)カラサ増し、シビれ増しのイメージになるように開発しました」と書かれていた。筆者が店舗で食べる時は、どちらも「少なめ」にしているが、それでも汗をかくという具合いだ。やってしまったかもしれない……。

山椒が香る赤いスープを、恐る恐るすすってみる。味噌のコクを感じ「そこまで辛くないかも」と思うやいなや、舌がしびれてきた。むせる辛さというよりも、舌が麻痺する辛さだ。大粒の汗が流れる。カップ麺でこの辛さは初体験だ。麺にも唐辛子や山椒が絡みつくので、すする時には注意してほしい。

カップ麺になった「鬼金棒」の「カラシビ味噌らー麺」。店舗と比べてみると、スープのコクや具材の量などが少々力が弱いかなと感じたが、香りや刺激などはしっかりと再現されていた。「蒙古タンメン中本」と比べてみると、辛さという意味では「北極ラーメン」に軍配が上がるような気がする。とは言え、「カラシビ味噌らー麺」は山椒が合わさることで、複雑な辛さが堪能できる。ぜひ一度、食べ比べていただきたい。