野球観戦にはスタンドへの飛球が付きもの。打球が飛んでくればそれを避けたり、“手練れ”であれば自らキャッチして喝采を浴びたりと、野球ならではの楽しみ、あるいは緊張感がそこにはある。そして、球場で欠かせないものといえば大人にとってはやっぱりビール! 特にこの時期は、のどを潤しながらの観戦が最高だ。

 

そんな2つの要素が合体すると、こんなことも……。本場アメリカで先日ユニークな場面が見られたので紹介したい。

 

MiLBとは「Minor League Baseball」の略。いわゆるマイナーリーグだ。メジャーリーグのMLB(Major League Baseball)と被らないようこちらは小文字の「i」が付いている。

 

そのマイナーのクラスA(※)に所属するフォートウェイン・ティンキャップスの試合にて、ファウルボールがいつものようにスタンドへ。すると、最前列の女性がビールの入ったコップでこれをナイスキャッチ。野球、いやベースボールを心底楽しんでいることが伝わってくる微笑ましいシーンだった。

※マイナーリーグのクラスAは上から数えて4つ目の階級のリーグで、フォートウェイン・ティンキャップスはサンディエゴ・パドレス傘下のクラスAのチーム。

 

しかも“そのあと”がすごかった。隣の男性が「ビールごとグラウンドへ返しちゃいなよ」と促すと、女性は「そんなのもったいない」といわんばかりに、なんとボールの入ったビールを一気飲み! スタンドからはこの日一番(?)の歓声が沸き起こった。

 

こんなことをやれば日本でも話題になることは間違いないだろう。その日のためにいまからやっておくべきことは、コップでボールをキャッチする練習、そしてビールを飲む練習だ。というわけで、Cheers!

 

※マイナーリーグのクラスAは上から数えて4つ目の階級のリーグで、フォートウェイン・ティンキャップスはサンディエゴ・パドレス傘下のクラスAのチーム。