コ・アソン、チョン・ウソン&イ・ジョンジェの事務所「アーティストカンパニー」と専属契約

写真拡大

女優コ・アソンがアーティストカンパニーの豪華な俳優ラインナップに合流した。

アーティストカンパニーは本日(26日)、女優コ・アソンと専属契約を締結したと発表した。

アーティストカンパニー側は、「子役時代から演技経歴をしっかりと積み上げて、自分だけの(演技の) スペクトルを広げてきた女優コ・アソンと良い縁を結ぶことになって期待感が大きい」として、「数多くの人々の心を感動させる代替不可な魅力を持っており、今後の歩みを期待させる役者だ。多様なジャンルで安定した活動と共に、演技力量を思う存分披露できるようにアーティストカンパニーで全面的なサポートに全力投球するので、多くの応援をお願いする」と抱負を伝えた。

コ・アソンは2006年に映画「グエムル-漢江の怪物-」で忠武路(チュンムロ:韓国映画の代名詞) 入りして存在感を放ち、その後「楽しき人生」「ラジオデイズ」「旅行者」「スノーピアサー」「優雅な嘘」「ビューティー・インサイド」「今は正しくあの時は間違い」「オフィス」などを通してしっかりした演技力と興行性まで立証し、“忠武路が愛する女優”に位置づけられた。また、彼女はドラマ「勉強の神」(韓国版「ドラゴン桜」)「風の便りに聞きましたけど!?」「自己発光オフィス」を通じて視聴者たちの心に響く深みのある演技を披露し、ジャンルを問わずに“信じて見ることができる女優”としての底力を発揮して、人々の熱い好評を受けたりもした。

特にコ・アソンは、忠武路入りした映画「グエムル-漢江の怪物-」を通じて「青龍映画賞」の新人女優賞、「ディレクターズカット授賞式」の今年の演技者賞を受賞し、その後多様な作品を通じて受賞の快挙を成し遂げ、映画「オフィス」での熱演が認められてスペインで開催された「第25回 FANCINE ファンタスティック映画祭」では主演女優賞を受賞するなど、名実共に韓国を代表する女優として認められた。