@AUTOCAR

写真拡大 (全16枚)

■どんなクルマ?

フロントマスク周りを見ても分かるとおりフィットをベースとしたセダンである。その点ではフィット・アリアの実質的な後継モデルだが、タイ生産の「日の丸輸入車」だったアリアに対してグレイスは国産となった。ただし、国内専売モデルではなく、海外向けにはシティの名を冠して展開している。

ベースモデルのフィットがFMCでプレミアム感を強化したこともあり、グレイスもアリアから車格アップを図り、1.5ℓのみの設定でガソリン車とi-DCD(ハイブリッド)車の構成となっている。


このMCはフィットのMCに準じたものであり、ホンダセンシング導入やパワートレインの改良を行った。フロントピラーより前部のハードウェアの変化はフィットと共通と考えていいだろう。

■どんな感じ?

市場が退潮傾向にあるせいか、キャラ付けではスポーティを特徴にしているが、マニア好みのスポーティさが感じられるようなクルマではない。どちらかと言えばオーソドックスなセダンであり、その点では正統派なのだ。

トルコンATに “近い” スムーズさ

i-DCDは駐車場などの極低速での走りの扱いやすさや変速時の滑らかさを向上。DCTのウイークポイントを電動駆動によりこれまで以上に上手にカバーしている。トルコン/遊星ギア型のATに近いスムーズな走りを実現している。


一般的なDCTに比べると小気味よさが減ったともいえるのだが、走りのプレミアム感からすれば繋がりの滑らかな加減速感は優位なのは間違いない。小排気量車やスポーツ性を売りにする2ペダル車ではDCTやCVTなど色々でも、プレミアムと快適を求めるクラスではトルコン型ATが標準になっていることからも明白だ。


電動ならではの間髪入れない加速反応のよさと初期トルクを持ち上げ気味にした加速性が余力感を高める。加速反応が鈍いと無意識のフィードバックが深い踏み込みを呼び込むが、こういった特性では踏み込み量も減る。少ないアクセルの踏み込みで思ったとおりに加速できればダウンシフト頻度が低下。巡航ギア維持が長くなればトルクの余裕を実感するのも当然である。

フィットMC車と乗り比べ 3BOXの優位性

MCによる車体周りの改良点は大幅なテコ入れを行ったフィット(写真水色)より少ないのだが、新型同士で乗り比べると全体的な走りの質感は同等。車軸周りの振動抑制ではフィットに分があるが、静粛性ではグレイスが優れる。


ハンドリングや乗り心地についても同様であり、走り全体が大同小異の範疇に収まっている。要は同車格では良好な質感を持つ。それは車体剛性や遮音性における3BOX構造車体の優位性が活きた結果でもある。


セダンのアドバンテージを実感するのは後席の居心地。レッグスペースでフィットより多少余裕があるが、ヘッドルームの余裕など総合的な寸法的な広さは同等レベル。車体寸法とハッチバック車の比率を見れば一目瞭然だが、セダンはスペース効率で及ばない。居住性ではリアウインドウが後席に近い分、ヘッドルームが狭くなり、天井の圧迫感も強まる。つまり、セダンのハンデを感じさせない居住性なのである。

セダン、後席のアドバンテージ

グレイスの後席居心地のアドバンテージは座り心地である。多くのハッチバック車は後席収納のためにバックレストサイズを小さめにしたり、収納しやすい形状を採用する。ベースとなったフィットの後席収納は積載の多様性で群を抜いているが、グレイスは6対4分割式のトランクスルーを備えるだけ。トランクスルーの開口形状も車体剛性と遮音性を配慮した設計である。


大柄な男性もゆったりと座れるサイズのバックレスト。深めに設定された後傾角と収まりのいい座面形状により、シートに身を委ねるような寛いだ着座姿勢を取りやすい。車体骨格に密着するような構造なので、シートの建て付けもがっちりしている。シートごと揺すられるような収まりの悪さは皆無である。


付け加えるなら最大積載容量ではハッチバック車に及ばないが、後席使用時で積み上げをバックレスト高で制限した時の荷室容量はハッチバック車を大きく上回る。低く荷室床面で掃き出し段差も大きいため、重い荷物の積み降ろしが多少面倒だが、細身のキャディバッグなら4本の積載も可能である。積載の優等生であるフィット(写真水色)でもキャディバッグ込みで4名のゴルフ行は無理だ。

■「買い」か?

正統派セダン、ホンダが証明するもの

全長4450mm×全幅1695mmの平面寸法は2代目アコードよりわずかに大きい程度。現行セダンではカローラ・アクシオと同等サイズである。経験則ゆえに些か説得性に欠けるかもしれないが全長4.5m×全幅1.7mのセダンは経済性も含めてウェルバランス。都市部で扱いやすく、長距離向けの寛ぎやゆとりあるトランクスペースがある。多用途適性ではハッチバック車に及ばなくても、素のままでもけっこう汎用性が高い。そこにエコ時代をリードする先進的パワートレインと熟成の進んだシャシーだ。居心地でも走りの質感でも同車格他カテゴリーに対するセダンの長所が活かされている。


セダンは時代遅れのような偏見があるが決してそうは思わない。真面目に開発すれば質感や快適性、走りの安心感等の総合性能で他ジャンルに負けないコスパが得られるはず。それを証明したのがグレイスである。


高速走行できっちりと車線維持支援をしてくれるLKAなどクラス水準を超えた安全&運転支援機能を備えるホンダセンシングを標準装着し、贅沢な仕立て内外装を採用して235万円強。落ち着きある居心地と質を基準にタウン&ツーリングで扱いやすく経済的なモデルを求めるユーザーにとって価値ある一車である。

ホンダ・グレイス・ハイブリッドEXホンダセンシング

■価格 2,353,320円 
■全長×全幅×全高 4450×1695×1475mm 
■最高速度 - 
■0-100km/h加速 - 
■燃費 32.4km/ℓ 
■CO2排出量 71.7g/km 
■乾燥重量 1190kg 
■エンジン 直列4気筒1496cc 
■最高出力:エンジン 110ps/6000rpm 
■最大トルク:エンジン 13.7kg-m/5000rpm 
■最高出力:モーター 29.5ps/1313-2000rpm 
■最大トルク:モーター 16.3kg-m/0-1313rpm 
■システム最高出力 137ps 
■ギアボックス 7速DCT