バングラデシュ・ダッカの病院のベッドに座る結合双生児のラビアちゃんとルキアちゃん(2017年7月25日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】頭部がつながった状態で生まれた結合双生児が、バングラデシュの首都ダッカ(Dhaka)の病院で分離手術が可能かどうかの検査を受けている。

 1歳になるこの姉妹はラビア(Rabia)ちゃんとルキア(Rukia)ちゃん。2人は父親のラフィクル・イスラム(Rafiqul Islam)さんと母親のアスリマ・カトゥン(Aslima Khatun)さんとともに、検査の結果を待っている状況だという。
【翻訳編集】AFPBB News