【ビルボード】水樹奈々、同時リリースの2曲がアニメチャートTOP2独占

写真拡大

 今週の“JAPAN Hot Animation”は、水樹奈々の楽曲が1位と2位にチャート・イン。首位はTVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』のオープニング・テーマに起用されている「TESTAMENT」、2位は映画『魔法少女リリカルなのは Reflection』主題歌で「Destiny's Prelude」という結果になった。この2曲を比較すると、セールス、ダウンロード、ルックアップ、Twitterの4指標で僅差の争いを繰り広げたものの、「TESTAMENT」のダウンロードとルックアップでの高ポイントが順位に影響したと見られる。この指標の結果から、「TESTAMENT」の方が、リスナーがパッケージを購入後に楽曲をより聴き込むというアクションを起こしていることがわかった。

 また、水樹の「TESTAMENT」に加え、風鳴翼(CV:水樹奈々)の「月下美刃」、マリア・カデンツァヴナ・イヴ(CV:日笠陽子)の「Stand up! Ready!!」と、7月1日から放送がスタートした『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』の楽曲がTOP20に3曲同時にチャート・イン。アニメが歌や音楽にフィーチャーした作品ということもあってか、楽曲への注目度が高いことが改めて証明された。
 
 そして、2016年からロング・ヒットを続けるRADWIMPS「前前前世」(映画『君の名は。』主題歌)が再びTOP10に浮上。動画の再生回数で4位、ダウンロード11位、ラジオの再生回数で7位を獲得しており、映画のDVD&Bru-layが7月26日にリリースされたことが起因していると思われる。来週以降も、映画と共に楽曲人気が再燃する可能性がありそうだ。


◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「TESTAMENT」水樹奈々
2位「Destiny's Prelude」水樹奈々
3位「RAIN」SEKAI NO OWARI
4位「ピースサイン」米津玄師
5位「英雄 運命の詩」EGOIST
6位「月下美刃」風鳴翼(CV:水樹奈々)
7位「前前前世」RADWIMPS
8位「エンジン」奥田民生
9位「しゅわりん☆どり〜みん」Pastel*Palettes
10位「departure!」小野正利