トランプ大統領、中国の不公平な産業政策に対抗へ=米通商代表

写真拡大

[ワシントン 26日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は25日夜、トランプ大統領は中国政府が輸出促進のため採用している不公平な補助金や産業政策に対抗していく意向だと述べた。ラジオのトークショーで語った。

ライトハイザー通商代表はまた、中国を世界貿易機関(WTO)のルールに従わせるよう、トランプ政権は働き掛けていくと強調した。

「中国が雇用促進や富蓄積をねらった産業政策をとっていることに疑いの余地はない。われわれは不公平な状況阻止を目指す」と述べた。

代表は、ダンピングや国有企業に対する不公平な補助金など、中国がWTOルールに違反していることを示す例は数多くあると指摘。「中国の産業政策については、いずれにせよ戦う必要がある」と主張した。

代表は、具体的なケースとして、鉄鋼やアルミニウムなどのセクターを挙げ「不公平であれば、大統領は看過しないだろう」と語った。