7月22日、上海万博展覧館にて開催された「BILIBILI WORLD 2017」内メインステージに妄想キャリブレーションが登場。二胡奏者・桐子とのコラボで、自身の代表曲である『桜色ダイアリー』等をステージに集まった約2,000人の観客の前で披露した。

【写真】妄キャリ「MOSO EDM」で話題の新曲MVで”アームスカート”とコラボ!

現在、ロンドン、上海、香港、台湾と計4都市を巡る海外ツアー中の妄キャリ。今回の上海公演では、中国の人気動画配信サイト「BILIBILI動画」でも配信中の、自身の冠番組「妄キャリのアジアでアイドルやっチャイナ」をひっさげての出演。同番組は「1年以内に中華圏での単独公演開催」を目標に2017年4月より放送スタート。中国語が堪能な桐子を教師役に、生徒役の妄キャリが毎週中国語を勉強しており、この日のステージも、自己紹介やMCも中国語でおこなうなど、日々の学習の成果をのぞかせた。

ライブパートでは、桐子による二胡の演奏で上海でも人気のTVアニメ「冴えない彼女の育てかた♭」EDテーマ『桜色ダイアリー』および『青春プロローグ』を披露。ステージ上にも“冴えカノ”のアニメ映像が映し出され、現地のアニメファンも大満足のパフォーマンスを見せた。

なお「BILIBILI WORLD 2017」は、7月21〜23日の3日間開催され、チケットは全日ソールドアウト。3日間で約50,000人動員した。

【妄想キャリブレーション(桜野羽咲)メンバーコメント】

「BILIBILI WORLD 2017」ありがとうございました!日本のアニメやアイドルが大好きな気持ちがとても伝わってきて、上海の方の熱量に驚きました!あと”冴えカノ”のタイトルを日本語でもわかってくれたのもびっくりしました。私たちはいま中国語を勉強中で、今回の遠征で少しだけみなさんとお話できたのがとても嬉しかったです。1年以内に中華圏での単独公演をめざしたいので、もっともっと中国語の勉強もがんばります!