21日20時から放送されるテレビ朝日系「ミュージックステーション」にて、ブルゾンちえみとオースティン・マホーンがコラボ曲『Dirty Work Blouson Chiemi Remix』を披露する。

【写真】薄化粧でイベントに登場したブルゾンちえみ

ブルゾンちえみが大ブレイクしたネタの曲として使用されたオースティン・マホーンの「Dirty Work」。2015年に発表されていた曲だったが、この度ブルゾンとオースティンのコラボ版『Dirty Work』が完成した。今夜がテレビでは初パフォーマンスとなる。そして、そのコラボを直前に控え、ブルゾンとオースティンの2ショット写真も公開された。

また、今夜の同番組にはTHE RAMPAGEが初登場し、『Dirty Disco』を披露するほか、奥田民生は映画『カーズ/クロスロード』日本版エンドソング『エンジン』をテレビ初歌唱、SKE48は15歳の小畑優奈が初のセンターを務める『意外にマンゴー』をパフォーム。そして、Kis-My-Ft2の北山・藤ヶ谷・玉森が一夜限りの新ユニット“まえあし from Kis-My- Ft2”を結成するほか、桑田佳祐は朝ドラ主題歌「若い広場」CMソング 「オアシスと果樹園」を披露する。

■(出演予定アーティスト)*50音順 (演奏予定楽曲)

SKE48 「意外にマンゴー」奥田民生 「エンジン」桑田佳祐 「オアシスと果樹園」「若い広場」THE RAMPAGE 「Dirty Disco」ブルゾンちえみ&オースティン・マホーン 「Dirty Work Blouson Chiemi Remix」まえあし from Kis-My- Ft2 「スペシャルメドレー」