仏南東部ボルムレミモザで消火活動を行う男性ら(2017年7月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(写真追加)フランス当局は26日、南部の各地で発生している森林火災の影響で少なくとも1万人が夜間に避難をしたと発表した。火災の被害は拡大しており、当局は前日、消火活動のため欧州連合(EU)に支援を要請していた。

 これまでに4000人の消防隊員と消防飛行機19機が消火活動に当たっている。当局によると、24日に火災が発生して以降、少なくとも消防隊員12人が負傷したという。

 地中海(Mediterranean Sea)に浮かぶコルシカ(Corsica)島で発生した火事では、これまでに約4000ヘクタールが消失している。
【翻訳編集】AFPBB News