成田国際空港は、2014年7月にリリースした訪日外国人向けアプリ「TABIMORI」をリニューアルし、7月31日より提供を開始する。

これまでに約32万ダウンロードを記録しており、東南アジアからの訪日客が増加していることや、SNSでのシェアなどのニーズが大きいことから対応を図る。対応言語は新たにインドネシア語、タイ語、スペイン語、フランス語を追加する。さらに、日記の作成や保存、Facebookへの投稿機能や、音声アナウンスを多言語で表示する「おもてなしガイド」機能の追加、「LIVE JAPAN」、「WAmazing」、「NaviCon」との連携も開始する。

ダウンロードは通信料を除き無料。iOSとAndroidに対応する。

⇒詳細はこちら