北朝鮮で25日、「祖国解放戦争勝利」64周年に際して、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の陸海空軍将兵の決意大会が祖国解放戦争勝利記念塔の教育場で行われた。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮で「祖国解放戦争」と呼ばれる朝鮮戦争は、1950年6月25日に始まり1953年7月27日に休戦協定が結ばれた。北朝鮮は、戦争に勝利したと主張しており、7月27日は「戦勝節」として記念日に制定されている。

大会には、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、李明秀(リ・ミョンス)、朴永植(パク・ヨンシク)の各氏をはじめ北朝鮮軍の指揮メンバー、陸・海・空軍の将兵、軍事学校の学生が参加した。

黄炳瑞氏が演説し、「偉大な金日成民族、金正日朝鮮の反帝・反米戦勝の歴史と伝統はこんにち、最高司令官金正恩委員長を高くいただいたので連綿と継承されている」と述べた。

さらに、北朝鮮軍の陸・海・空軍の将兵を代表して陸軍少将のチョン・イル、海軍少将のチャン・チョルグク、航空軍少将のホ・リョンの各氏が決意討論を行った。