菊地成孔の新刊『菊地成孔の欧米休憩タイム』が、株式会社blueprintより、8月10日(木)に発行される。本日、同書の表紙デザインが公開された。

参考:菊地成孔の『ラ・ラ・ランド』評:世界中を敵に回す覚悟で平然と言うが、こんなもん全然大したことないね

 英語圏(欧米国)以外、特にアジア圏の映画を対象としたリアルサウンド映画部の連載レビュー「菊地成孔の欧米休憩タイム〜アルファヴェットを使わない国々の映画批評〜」の中から記事を厳選し、新たに加筆・修正の上で収録した同書。同連載の番外編として掲載され、Yahoo!ニュースなどのネットメディアやSNSで大きな議論を巻き起こした『ラ・ラ・ランド』評のほか、2016年の特大ヒット作『シン・ゴジラ』と『君の名は。』を合わせて論じた書き下ろし批評にも注目が集まっている。

 その表紙に配されたのは、煙草を片手にアクロバティックな姿勢をとる女性の写真。撮影者は現在人気上昇中の台湾の写真家・Manbo Key(登曼波)で、本書のテーマにマッチした作風であることから起用が決定した。氏は今回の表紙オファーについて、「実は自身も菊地成孔さんのファンだ」とふたつ返事で快諾。アジア発のアートの力強さとユニークさが感じられる表紙デザインとなった。

 写真家・Manbo Key(登曼波)は、1986年の台中生まれ。2008年には台湾の大葉大学グラフィックデザイン学科を卒業し、映画美術に携わりながら写真家として活動をスタートした。今月7月には、自国で発売された女性ファッション誌『Marie Claire』の台湾版で、芸人・渡辺直美の表紙撮影も担当。台湾の写真界の新鋭として、世界に羽ばたくことが期待できる存在だ。

 新刊書『菊地成孔の欧米休憩タイム』は、Amazonにて予約受付中。

 なお、本書の発売日の8月10日には、廣瀬純の書籍『シネマの大義 廣瀬純映画論集』の刊行記念トークイベントに、菊地成孔が参加することも決定している。同日、会場となる青山ブックセンター本店にて『菊地成孔の欧米休憩タイム』を購入することも可能だ。(リアルサウンド映画部)