代表仲間でもあり友人でもあるネイマール(左)とルーカス・モウラ(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

 パリ・サンジェルマン(以下PSG)に所属するMFルーカス・モウラが25日に自身のツイッターアカウントで投稿した内容が話題を呼んでいる。スペイン紙『アス』が報じた。

 PSGが2億2200万ユーロ(約288億円)をかけてバルセロナのネイマールの獲得を狙っているという報道が今夏の移籍市場を賑わしている。それに対し、これまでバルセロナのDFジェラール・ピケやPSGのDFトーマス・ムニエなど両クラブの選手がSNSをを駆使して移籍騒動に言及してきたが、今回はネイマールの友人としても知られるPSGのルーカス・モウラが自身のツイッターアカウントでその件に触れたようだ。

 ルーカスは自身のフォロワーの「ネイマールの件について何か新しい情報を持っているか」という質問に対し「彼は今考え中だ」と返答。また、この文に添えられた絵文字がネイマールが移籍の噂を示唆するような投稿をインスタグラム上でした際に使用した絵文字と同じであることがさらなる憶測を呼んでいる。

 世界有数の選手がけた違いの移籍金で移籍する可能性があるだけに、今回のネイマールの移籍報道は大きな話題や憶測を呼んでいるが。果たしていつ決着がつくのだろうか。

text by 編集部