「ネイマールは残る」の残留発言から一転 ピケの前言撤回でスペイン紙の論評真っ二つ

写真拡大

アメリカで会見に出席したピケ「僕が望んでいることを話したまで」

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールの移籍騒動は様々な憶測を呼んでいる。

 パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が決定的ともされるなか、チームメイトのスペイン代表DFジェラール・ピケは「彼は残る」とSNS上で発言していた。しかし、現地時間25日に行われた記者会見で「最終的にはネイマールが伝える」と話し、この発言がスペイン紙の論評を真っ二つにしている。

 インターナショナル・チャンピオンズカップのためにアメリカを訪れているピケは、アルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノとともにワシントンでの会見に出席した。

「このグループに残ってほしい」と話したマスチェラーノと同様、自身がインスタグラムで発信した内容について「ネイ(ネイマール)が残るかそうでないかをどう言ってほしいか、個人的意見だった」とし、こう言葉を続けた。

「僕の話したことはオフィシャルな声明ではなく、最終的に決断を伝えるのはネイだ。僕が望んでいることを話したまでだ」

スペインでは各紙で解釈が異なる報道に

 この発言について、スペイン紙の解釈は180度違っている。

 バルサ贔屓の「ムンド・デポルティーボ」紙は「ネイマールの“残留”は個人的意見」とタイトルに打ちつつも、「マスチェラーノもネイマールが残ることを願う」と今季もバルサの一員であることを基本線としている。

 一方で、宿敵レアル・マドリード寄りの「マルカ」紙は「もしネイマールが去るなら、彼はチームのリーダーになりたいと理解している」との発言をしたと記し、PSG移籍も致し方なし、という論調にしている。

 ピケは「僕はチームとしてバルサ以上の場所はないと思う。レオ(メッシ)がそばにいて、最高の歴史を作っていることを理解している」とバルサでの環境についてアピールした。

 憶測がヒートアップするなかで、ネイマールはどのような結論を出すのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images