イラスト:藤井昌子

写真拡大

(株)リクルート住まいカンパニーが運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、住まいや暮らしに関する様々なテーマについてアンケート調査を実施し、調査結果を「SUUMOなんでもランキング」として紹介している。本格的な夏到来。外に出る機会が増え、汗をかいて洗濯するものが増える季節。汚れているなとは思っていても、なかなか洗えないものがある、という方も多いのでは? そこで今回は、「汚れていると思いつつ、なかなか洗えないもの」ランキング。

【調査概要】
●調査時期:2017年4月5日〜2017年4月7日
●調査対象:全国の20〜59歳までの男性208名・女性208名
●調査方法:インターネット
●有効回答数:416

【調査結果】
Q.汚れていると思いつつなかなか洗えていないものは?(複数回答可)
1位:カーテン 30.3%
2位:スニーカー 20.0%
3位:布団 17.3%
4位:カーペット 14.9%
5位:毛布 10.8%
6位:シーツ 9.6%
7位:トートバッグ 6.5%
8位:ラグマット 5.5%
9位:ソファーカバー 4.1%
10位:クッションカバー 2.4%
※上位10位まで掲載

1位はカーテン(30.3%)。こちらはとにかく「外すのが面倒」「洗うのが面倒」と、2つの工程を経ないといけないのが洗えない理由のよう。また、「洗っているときに家の中が外から見えると思うと、洗いにくい」という声も。カーテンは洗ったら多少ぬれたままでもそのままカーテンレールに戻せば自然に乾くので、さっと洗ってさっぱりしたカーテンで過ごそう。

2位はスニーカー(20.0%)。洗う面倒臭さに加え、「毎日履くから洗うタイミングがない」「一足しか持ってないので、毎日履いているとなかなか洗えない」という人も多数。晴れていればすぐに乾くが、そんな日はお出かけしたいし、タイミングが難しい……。

3位は布団(17.3%)。こちらは「ベランダが狭いのでまとめて洗えない」「洗濯機のサイズが小さいので」というように、自宅で洗うには大物で面倒という声と、「クリーニングが高い」「クリーニング店になかなか行けない」など、外注したくても時間とお金がかかるため、なかなか行動に移せないという声が多くあった。4位、5位の毛布、カーペットも同様に大物だけに面倒というコメントが多数。

7位のトートバッグは洗えそうな大きさではあるが、「洗い方が分からない」「汚れが目立たないからよいだろうと思ってしまう」など、いろいろな理由をつけて洗っていない人が多いようだ。

なかなか洗えないものは、「取り付けているものから外す」「クリーニングやコインランドリーに持っていく」など、ひと手間必要なことが分かった。とはいえ、汚れは蓄積していくもの。洗ってしまえば、夏の太陽がさっぱり乾かしてくれる時期。汗をかく季節、清潔感を保つためにも、時間を見つけて洗濯をしてみよう。

【主な回答】
●カーテン:外すのが面倒。(39歳・男性)
●カーテン:替えがないので。洗っている間、外から丸見えになる。(52歳・男性)
●スニーカー:砂漠まで行ったのに、色がグレーと黒のせいで(と理由をつけて)放置している。(29歳・女性)
●布団:天気と自分のやる気がマッチしないとできない、笑。(34歳・女性)
●カーペット:やり方(洗い方)が不明。(35歳・男性)
●毛布:洗うのが大変で、クリーニングに出すと新品が買える金額になるため。(46歳・女性)
●シーツ:干す場所がない。(22歳・男性)
●トートバッグ:持ち手の黒ずみを、持ち方を変えて隠してしまう。(21歳・女性)
●ラグマット:洗えない材質なので。(31歳・女性)
●ソファーカバー:大物なので取り外すのが大変。干す場所も取るので、ほかの洗濯物が少ないときに限られるから。(59歳・女性)
●クッションカバー:ファブリーズで良しとしてしまう。(29歳・女性)

「SUUMOなんでもランキング」コーナー:住まいに関する様々なテーマについてアンケートを実施し、結果をまとめた記事を隔週で発表。


(SUUMO ニュース)