幸栄です。パン教室「toiro」を主宰しています。初めてパンを焼いたのは、長女の出産から1か月後のこと。あの日から試行錯誤を重ね、今は卵とバターを使わないパンのレシピをつくっています。パンを焼きながら、2人の娘の母としても、楽しみや大変さをたくさん感じる日々。毎日のなかで見つける、ささやかな幸せや楽しみを綴っていこうと思います。

子どもたちはついに長い夏休みに突入。いつもの夕食にも悩むのに、これからはお昼ご飯におやつの準備まで加わるなんて!おやつといえば、市販のアイスもおいしいけれど、あっという間にできるミックスジュースもおすすめ。冷凍キューブをつくって保存しておけば、喫茶店みたいなミックスジュースが簡単につくれますよ。

ミックスジュースキューブのつくり方

[材料](キューブ8個分)

・パイナップル(缶詰でも可)芯を抜いた輪切りの状態で3〜4枚
・黄桃(缶詰) 600g

[つくり方]

(1)芯を抜いて輪切りにしたパイナップル、シロップをきった黄桃を適当な大きさに切る。


(2)ミキサーに15秒ほどかけたらバットに流し入れ、ラップをして冷凍庫に入れ、ひと晩ほど凍らせる。


(3)しっかりと凍ったら8等分に切り分ける。


これで完成。ストックしておけば、生のフルーツがなくても、飲みたい!と思ったときにつくることができますよ。

ミックスジュースのおいしい飲み方

[材料]

・ミックスジュースキューブ 4個
・牛乳 200ml
・ヨーグルト 50g
・はちみつ 大さじ1

[つくり方]

すべての材料を入れ、なめらかになるまでミキサーにかける。甘さが足りなければ、好みではちみつの量を増やす。


ほかにも、はちみつをメープルシロップやガムシロップに変えたり、牛乳を豆乳に変えると、違うおいしさを楽しめますよ。缶詰のシロップは入れ過ぎると水っぽくなるので気をつけて。


ほんのり黄色で、見た目にもさわやか。かわいい色のストローをさしてあげると、もっとおいしそうに見えますよ。

アイスクリームもいいけれど、ミックスジュースならビタミンもたっぷり。夏にぴったりなおやつを楽しみながら、暑い日々に負けず元気いっぱいに過ごしましょうね。

【幸栄(ゆきえ)】
1979年広島県生まれ。「はな」と「ひな」2人の娘をもつ。モデルとして活躍したのち、長女の出産を機にパンづくりに出合う。ベッカライダブルハウスにて、製造補助をしながらパンについて学び、 2010年から卵とバターを使わないパン教室、toiro を始める。 著書に『「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ)』(主婦と生活社刊)、『パウンド型で焼けるおいしい食パン』(家の光協会刊)、『あかちゃん、こども、おとなのパン―はじめてのパンづくり』(アノニマスタジオ刊)などがある。