画像提供:minechi(@minechi55)さん

写真拡大 (全3枚)

自然の中でオコジョの親子を捉えた写真がTwitterに投稿され、愛らしいと話題になっている。

オコジョの親子は、野鳥観察が趣味で小鳥を撮影しようと長野県の美ヶ原を訪れていたminechiさんが撮影。濃霧のために小鳥の撮影は断念し、帰ろうとしていたところ、思いがけず遭遇した。

minechiさんの前に現れたのは、大きいオコジョ1匹とその子どもと思われる3匹ほどの小さなオコジョ。オコジョと言えば、冬毛の全身真っ白な姿が知られているが、夏毛でもその愛らしさは健在。茶色と白の鮮やかなコントラストと柔らかそうな毛並みに、くりっとした目、丸い耳のキュートな姿をみせた。親よりも丸いフォルムでクリーム色に近い薄い茶色をしている子どもの姿も撮影された。

素早く動き回るオコジョ親子を捉えるのは難しく、連写モードでもはっきりと写っていたのは2枚だけ。それでも、親がカメラの方へ視線を向けた一瞬を捉えることに成功。minechiさんは、この貴重な体験に「一生に一回あるかどうかの出逢いに感謝!」と語っている。

Twitterでは、「可愛い・・・感動します」「メルヘン」「これは、とてもとても貴重なショット」「連写モードで2枚ですか!素早いですね!でも素敵な写真です!」といった声が寄せられ、大きな反響となっている。