7月22日に放送されたAbemaTV(アベマTV)の若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』では、原宿で「今週の気になったニュース」をインタビュー調査。若者が「それな」と関心を持つニュースを探った。

■「エレベーター内で強制わいせつ」

 男が少女の後をつけ、エレベーター内で「声を出したら殺すぞ、キスしろ」などと脅し、無理やりキスを迫った。

「タクシー乗り場がすごく並んでいて。撒いてもピッタリくっついてくる人がいて、そしたら2台続けて(タクシーが)来たんですよ。家の近くまで乗って降りたらその人がいて、ダッシュで家まで逃げました。もうそれは本当に今までにない(恐怖体験だった)」(17歳・女子高校生)

「そういうときは遠回りしてコンビニに入ったり、明るい方から行く」(16歳・女子高校生)

■「上西議員に殺害予告」

 15日に行われたサッカーの親善試合で敗れた浦和レッズに対し、ツイッターで「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな。」と投稿。さらに、「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ。」と、サポーターまで批判した上西小百合議員。その後、殺害予告が事務所に届くなど大炎上となった。

 それに対し上西議員は、「はっきり申し上げて、私国会議員ですから、国会議員がサッカーに対して感想を言った。これがこんなに反響があるだなんて全く思っていなかったです」とコメントしている。

「あんなツイートって、本気で応援している人の反感を買う。しかも、そのあとも『これが私です』みたいな。自分はこうだけど(と言っても)周りの人を不快にしているのは事実」(19歳・男子大学生)

「ありえないですよね、政治家なのに。ただ単に残念でしたけど。今回のことがあるまでは、ズバズバ言う人で、普通に良い人と言うか、別に悪い人でもないのかなと思っていた。でも一気に印象が落ちちゃいました」(16歳・女子高校生)

■「民新・蓮舫代表『二重国籍問題』で会見」

 18日、蓮舫代表は自らの戸籍謄本の写しの一部を公開し、改めて釈明した。基本的に法律上の問題は無いとされているが、蓮舫氏の発言が二転三転し、さらに経歴詐称の疑いも指摘されている。一方で、いまや約50人に1人は二重国籍の新生児が生まれている時代でもある。

 原宿を歩く若者に「二重じゃだめなんですか?」という切り口で聞いてみた。

「否定はしないですけど、思うところはありますね。日本だったらちゃんとした日本人にやってもらいたいところもあるし」(18歳・男子大学生)

「別に良いと思いますね。日本と別の国のハーフだったら、2つの国の情勢とかも分かると思うので、それを用いて政治をやれば良いと思います」(18歳・男子大学生)

「別に良いと思う、国籍が蓮舫さんの人柄とか政治を動かす能力に関係しないから、そこは固く考えなくても良いと思う」(20歳・男子大学生)

( AbemaTV /『原宿アベニュー』より)

(C)AbemaTV