アキラ100%と宮島咲良(画像は『宮島咲良 2017年7月25日付オフィシャルブログ「アキラさんの清潔感のある裸体」』のスクリーンショット)

写真拡大

バラエティ番組『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で7月21日に放送した“アキラ チャレンジ100%”では、お盆による裸芸をしながらトランポリンに挑戦したり男子チアリーディングとコラボしたアキラ100%。25日には日本テレビ主催のクイズ大会『第37回 全国高等学校クイズ選手権』関東会場にゲスト出演してサポーターの乃木坂46を前に裸芸を披露して話題となった。大活躍の彼だが、落語界の大御所・桂歌丸から「裸でお盆を持って何が芸ですか」と言われるなど芸風に対する評価は様々だ。

そんなアキラ100%が初めてMCを務めた番組で、共演したスーパー戦隊好きなタレント・宮島咲良は彼のお盆芸について「天才だった…」という。彼女は7月25日、『宮島咲良オフィシャルブログ「GiiyaAaaaaaaaaa!!!!!!!!」』で「アキラさんの清潔感のある裸体」と題して当時を振り返る。3月31日に放送されたBSスカパー!『〜公開ネタ見せ番組〜輝け!ギャラ3000円芸人!オールナイトでギャラ3000円脱出SP!』でアキラ100%がMC、宮島咲良が進行役を務めた。

「まさかのあのお盆でアキラさんのアキラさんを隠させてもらっちゃったようれしはずかし」と明かす宮島だったが、彼のプロ魂に驚いたようだ。「天才だった…3時間生放送で休憩ももちろんないからずっとお盆持って隠してた…永遠に持ってた…すごすぎる腕の筋力…」「このお盆で家庭を支えているのだと思うと、実際の質量よりもずっしりとした重みと温かさを感じました」という。

さらには「裸とかムダ毛が大の苦手」なはずの彼女が、「アキラさんの輝く姿からは、清廉さすら感じられます」と絶賛する。自宅でネタを練習する際には奥さんに「見えないか」チェックしてもらうそうだが、そうした清潔感についてもアドバイスされるところを想像すると微笑ましい。

裸でネタをする芸人は数あれど、アキラ100%ほど努力を重ねてきた人は少ない。彼によって“裸芸”のレベルが上がったと言っても過言ではないだろう。

画像は『宮島咲良 2017年7月25日付オフィシャルブログ「アキラさんの清潔感のある裸体」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)