バルセロナFWリオネル・メッシ

写真拡大

 パリSGへの移籍の可能性が浮上しているバルセロナFWネイマール。アメリカツアー中にはFWリオネル・メッシとFWルイス・スアレスが1時間以上説得し、ネイマールの心は揺れ動いたと報じられ、DFジェラール・ピケが自身のインスタグラムで「彼は残る」と投稿したことで、騒動は終わりに向かっているとされている。

 しかし、最悪の事態を考えてメッシが“ネイマールの代役候補”として3選手の名前を挙げていたことを、英紙『ザ・サン』が伝えている。

 まずはユベントスで昨季リーグ戦で11得点7アシストの記録を残すなど、チームの国内2冠に大きく貢献したアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ。そして2人目には、かつてレアル・マドリーに所属したことで獲得には議論の余地があるとされているものの、パリSGのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの名前が挙がり、3人目にはドルトムントで昨季6得点12アシストと躍動したフランス代表MFウスマン・デンベレが紹介されている。

 現時点でネイマールは去就に関して無言を貫いているとされているが、果たして――。


●欧州移籍情報2017-18

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集