画像提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑い芸人の渡辺直美が主演を務めるTBS系火曜ドラマ『カンナさーん!』(毎週火曜22:00〜)の第2話が25日に放送され、平均視聴率が12.6%だったことが26日、わかった。初回の12.0%から0.6ポイント上昇した。

昨年10月期に同じ火曜ドラマ枠で放送された新垣結衣主演の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』は、第1話10.2%、第2話12.1%。『カンナさーん!』は、第1話、第2話ともにその数字を上回った。

渡辺がGP(ゴールデン・プライム)帯連続ドラマ初主演を務めるこのドラマは、深谷かほるの同名コミックを原作とする物語。ポジティブでパワフルな働くママ・鈴木カンナ(渡辺)が、自由奔放なダメ夫と姑、理不尽な会社の上司などに振り回されながらも、どんな困難も愛と勇気で乗り越えていく姿を描く。

25日放送の第2話では、バツイチ、シングルマザーとなるも、「仕事も家庭も、一人で乗り越えてみせる!」と宣言したカンナは、周囲に頼ることなく日々奮闘。そんな中、カンナの職場の後輩・翔子(トリンドル玲奈)が仕事で、至急の対応が必要となる大きなミスをしてしまう。カンナはそれを自分のミスだと言い、同僚に頭を下げ、皆で夜通し作業をすることに…。カンナは仕方なく、麗音の面倒を礼の母・柳子を頼ることになるといった展開だった。

数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。