江戸庶民の道楽のひとつ。それは…釣り♪趣味釣りが広まったのは江戸時代

写真拡大 (全3枚)

趣味の釣りが広まったのは江戸時代

今も昔も、釣りは道楽のひとつ。趣味としての釣りが一般的になったのは、江戸時代だといわれています。オススメの漁場や季節の魚など釣りにまつわる情報は、釣りの指南書でチェック!最も有名な書は、日本最古の釣り専門書といわれる何羨録(かせんろく)でした。陸奥国黒石3代当主 津軽采女が著述したもので、手書きのオリジナルは現存しておらず、版本になっていなかったため、写本のみ6点が確認されています。主に江戸周辺の釣り場や、キス釣り、道具についてのうんちくなどが書かれていました。

隅田川と中川の間の辺りの釣り場では、一日のんびり釣りをする人々もいたそう。当時、海辺や河川などの釣り場だけでなく、文化・文政の頃には釣り堀が存在していて、人気のスポットだったようです。

歌川広景「江戸名所道戯尽 四 御茶の水の釣人」

江戸の釣り好きは、どこで釣ってた?

釣り堀には、二つのシステムがありました。一つめは、出勘定堀です。これは、池の中に魚を放しておき、堀を出るときに、釣れた鮒などを味噌こし一杯でいくらというように買い取るシステムです。魚の形などは良く、見栄えのいいものばかり。ただし、このシステムを採用しているのは千住の掃部(かもん)宿の鮒屋与兵衛の釣り堀の他はなかったそう。

二つめは、〆切堀です。時間あたりの入場料を取り、釣り人を限定するシステムです。このタイプの釣り堀は、本所深川あたりにあり、釣りの初心者が行きやすいといわれていました。

もっと本格的に釣りをしたい人は、江戸湾で沖釣りをしたり、利根川や多摩川までいっていたようです。それにしても、釣りに興じる人たちは、どこで釣りの情報を手に入れていたのでしょう?それは、釣り道具屋です。両国の繁華街には数軒の釣り道具屋があったことは、文政7年に発行された江戸の買い物案内書「江戸買物独案内」をみればわかります。釣り場所に関する情報などが記載された一枚図を、希望する客にサービスしていたとか。また、釣り針専門の問屋もあり、中には客の注文に応えてくれるところもあったようです。

渓斎英泉「東都花暦十景 木場ノ魚釣」

釣りの心得とはなんぞや

釣りは、江戸の庶民にとって楽しみのひとつだったのですね。釣りの心得もあったそう。黒田五柳が記した釣りの指南書「釣客伝(ちょうかくでん)」によると、其の一は時候、其の二は釣り場所、其の三は釣りは勘である、其の四は釣り道具や竿仕掛けの手回し上手であること、其の五は道具の工夫、そして根気が必要と書いてあります。

釣りは、時間はたっぷりあるけれどお金はそれほど…という庶民にも最適の趣味だったといえるでしょう。

参考文献:棚橋正広(1999)『江戸の道楽』講談社選書