アン・ハサウェイが酒浸りの“ダメ女”に (C)2016 COLOSSAL MOVIE PRODUCTIONS, LLC.
ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 オスカー女優のアン・ハサウェイ主演のモンスター映画「Colossal(原題)」が、「シンクロナイズドモンスター」の邦題で11月に公開されることが決定した。

 映画は、米ニューヨークで仕事も彼氏も失い、人生のどん底を味わっている主人公が、韓国・ソウルに出現した謎の怪獣とシンクロしていることに気が付き、舞い上がって世界を混乱に陥れるさまを描いた異色作。ハサウェイが製作総指揮を兼ね、スペインの異才ナチョ・ビガロンドが監督・脚本を手がけた。

 失業して酒浸りのグロリア(ハサウェイ)は、同棲中の彼氏ティムに愛想を付かされ、故郷の田舎町に戻ったところ、ソウルの街が謎の巨大生物破壊されていることを知る。ニュース映像を見て、その怪獣と自らの行動がシンクロしていることに気が付いたグロリアは有頂天に。さらには幼なじみのオスカーとシンクロした巨大ロボットも出現し、酔っ払ったオスカーとケンカすると同時に、ソウルでは世紀の大決戦が始まってしまう。

 オスカー役に「なんちゃって家族」「モンスター上司」シリーズのジェイソン・サダイキス、ティム役に「美女と野獣」のダン・スティーブンスが扮するほか、「ブリッジ・オブ・スパイ」のオースティン・ストウェルが出演する。

 「シンクロナイズドモンスター」は、11月3日から東京・新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開。