友人のクルマの位置、カーナビにリアルタイム表示。NAVITIME・au助手席ナビに新機能
カーナビで友人のクルマの現在位置も表示するーー。そんな新機能「グループドライブ」の提供をナビタイムジャパン、およびKDDIが開始しました。

Android / iOS対応のカーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」「au助手席ナビ」で7月31日利用可能。複数台のドライブや、別々の場所から同じ場所に集合する際に威力を発揮するとしています。

グループドライブは、複数のドライバーがグループを作り、お互いの位置情報、移動ルート、目的地までの到着予定時刻を共有できる機能です。

使い方は次の通りです。グループを作成できるのは「NAVITIME ドライブサポーター」もしくは「au助手席ナビ」の有料会員のみ。目的地を設定できるのも有料会員だけです。有料会員は最大9人までのユーザーを招待可能。グループへは無料ユーザーも参加でき、通常は有料会員限定の音声ルート案内をグループ作成から24時間(最大72時間まで延長可)利用できます。

連絡を取り合うことなくスムーズに集合可


グループドライブの利点について、ナビタイム側は次のように説明します。ドライバーがお互いの状況を把握できるため、例えばゴルフや複数の家族の旅行で、それぞれが別々の場所から同じ目的地に向かう場合などに、途中停車して連絡を取り合うことなくスムーズに集合できます。

競合サービスについて。地図上で友人の位置情報をリアルタイム表示するサービスは、Google Mapの「ロケーションシェア」があります。それと比較したグループドライブの強みについて、ナビタイムの担当者は「グループの紐付きがあり、シェアしやすい」点をあげます。Google Mapのロケーションシェアは、グループという概念がなく、個人個人が紐づくため、集団で使いにくいという説明です。

一方の「グループドライブ」では、グループをLINE、SMS、メールなどさまざまな手段で共有可能。「NAVITIME ドライブサポーター」「au助手席ナビ」のアプリをインストールしていれば、料金不要でグループに参加でき、通常は有料のナビゲーション機能も無料で使えます。

グループナビの提供開始に伴い、KDDIではデータプレゼントキャンペーンを実施します。キャンペーン期間中に「au助手席ナビ」の月額コースに新規で会員登録したユーザー全員に、データ容量200MBをプレゼント。さらに、このうち「グループドライブ」を利用したユーザーに、抽選でデータ容量800MB分をプレゼントするとしています。

<アプリダウンロード>

NAVITIME ドライブサポーター(iOS / Android)

au助手席ナビ (iOS / Android)