移籍はシーズンより面白いか?クロップ監督が語る

写真拡大

『Mirror』は24日、「リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、今夏の移籍マーケットについて語った」と報じた。

今夏ムハンマド・サラーにクラブ記録となる3700万ポンド(およそ52.8億円)を投じたリヴァプール。しかしその後の補強は進んでおらず、ナビ・ケイタやフィルヒル・ファン・ダイクらの獲得の噂は実現に至っていない。

その一方で、隣のエヴァートンは非常に多くの補強を行っており、リヴァプールの静かな動きと比較されている。

それらの件について聞かれたクロップ監督は以下のように話し、補強よりはプレーのほうが重要であると語った。

ユルゲン・クロップ

「選手達がうまくやってくれることを願っているよ。なぜなら、そうするべき理由がたくさんあるからね。

シーズンが終わって、夏の休暇が始まる。誰もが『移籍マーケットは、リーグより面白いな!』と感じ始めるのさ。

人々は、クラブが買ってきた選手たちを見て『ああ、俺達はもう勝ったようなもんだな!』と思うんだな。

残念ながら、移籍マーケットの後にプレーの方で頑張らなければならない。それが、私がもっとも関心を持っていることなんだ」
ユルゲン・クロップ

「それは別に、我々が選手を獲得したくないというわけではないよ。すでに買ってきたのだからね。

ワイナルダム、クラヴァン、マティプ。そしてサディオ・マネ。サラー以前には彼が最高額だった。

すでに多くの良い選手がいるよ。しかし、それはイブラヒモヴィッチ、ルカクのようなものではなかった。ただ、それはリヴァプールには不可能であるという意味なのか?そうは思わない。様子を見よう。

したがって、私はなにも問題ない。我々は多くのことをやりたいが、多くの選手はいらない。このスカッドを改善するために大きな努力をしてくれる、違いを作れる選手だけだ」

(エヴァートンはスゴイ補強をしているね?)

「まず、私は他のクラブが何をしているかに関心はないよ。彼らと対戦するまではね。

彼らは最高のビジネスも最低のビジネスもできる。私はそうじゃない。全て問題ない。

そうだね、もちろん彼らがやったことの幾つかは聞いているよ。ストライカーは良い。ルーニーのことは話す必要もないね。

センターハーフも来た。いいね。本当にいいビジネスをやってきたと思うよ。クラーセンもいい。全部いいね。

しかしながら、それはシーズンの最後の日まで続くものだ。彼らは結局11人しかピッチに送り出せない。何が起こるのか、我々は見ていかなければならない。しかし、どんなチームも強くなりたいものだからね」