【詳細】他の写真はこちら

6月中旬に出産したと報じられたまま、なかなか退院できずにファンをヤキモキさせていたビヨンセ。1カ月近くたった今、ようやく元気そうな姿のポートレイトを公表。もちろん新たに誕生した双子の赤ちゃんたちもバッチリ一緒に写ってます。

双子を抱える姿は、まるで天女のよう



写真はビヨンセ自身がインスタグラムで公表。双子の赤ちゃんを抱きかかえるビヨンセの表情は、とっても穏やか。今年2月に妊娠を発表した時にも大きなお腹を抱える写真を公表していたけれど、今回の写真も似たようなセッティング。背景のアーチには咲き乱れる花が飾られ、ビヨンセはライトブルーの下着を身につけ、ブルー系のベールを被って、まるで天女のよう。出産からまだ1カ月しか経っていないのに、ちょっぴり覗くお腹が、ほぼペッタンコというのにもビックリですよね。



Beyoncéさん(@beyonce)がシェアした投稿 -



双子の名前をめぐって大騒ぎ



出生証明書によると、赤ちゃんは6月13日に誕生。女の子の名前がルミ(Rumi)、男の子がサー(Sir)と判明。ところが、ビヨンセがインスタのキャプションに「サー・カーターとルミ、今日で1カ月」と書き込んだものだから、ファンやメディアは大騒ぎ。というのも男の子の名前が“サー・カーター”だとすれば、夫ジェイ・Zの本名はショーン・カーターなので、誕生した子のフルネームは“サー・カーター・カーター”。“うわっ、ありえない!”“ダサすぎ!”っと叩かれまくるハメに。そして後々、じつは“サー・カーター”ではなく、シンプルに“サー”だと判明。それでも“様”や“卿”を意味する“サー”は、“ちょっとね…”という意見も多い様子。5歳になる第一子には、ブルー・アイヴィーなんてユニークな名前を付けていたからなおさら。きっと双子の名前にも、深い意味が託されているんでしょうね。



Beyoncéさん(@beyonce)がシェアした投稿 -

2月に懐妊を発表した時にも似たようなセッティングでポートレイトを発表。



ラッパーの夫ジェイ・Zは、ビヨンセもフィーチャリング参加した最新アルバム『4:44』を発表して全米No.1を獲得したばかり。10月末から始まる彼の北米ツアーには、ビヨンセや子どもたちも一緒についていくのではと、もっぱらの噂。でも働き者の彼女のこと、妊娠中にすでに次のアルバムを完成させていたりしそう。また以前のように、突然のリリースで驚かせてくるのかもしれません。

出典:gettyimages

外部サイト