画像提供:マイナビニュース

写真拡大

百戦錬磨は7月29日、「泊まることが、旅になる」をコンセプトとする民泊予約サイト「STAY JAPAN」にて、福岡県北九州市の特区民泊第一号となる宿泊施設「山の家 粋邑 HIRAODAI」の宿泊予約受付を開始する。同件は、民泊を郊外で実施する"自然体験型・特区民泊"として、全国初の取り組みとなる。

今回の取り組みは、国家戦略特別区域法および各区域内の条例等に定められた認定基準を満たした事業として認定を受けたもの。北九州市は、観光・地域振興が図れるよう、「自然体験」「地域住民との交流」をテーマとした民泊を郊外(市街化調整区域、第一種・第二種低層住居専用地域)で実施する"自然体験型・特区民泊"として、全国に先駆けて実施することとなる。

第一号物件「山の家 粋邑 HIRAODAI」は、日本有数のカルスト台地で天然記念物・国定公園に指定されている北九州市平尾台エリアに位置し、地域の魅力を発信する「Hug平尾台プロジェクト」を主催する壹岐尾恵美さんがオーナーとして、空家を地域活性につながる民泊施設に転用している。

平屋1軒家をリフォームし、日本家屋ならではの設えを残しながら現代風にアレンジした1棟貸し切りタイプの施設となる。平尾台の魅力を満喫できる平尾台トレッキングや鍾乳洞でのケービング、農園での農業体験などオリジナルの体験アクティビティも提供する。

「山の家 粋邑 HIRAODAI〜YAMANOIE IKIMURA HIRAODAI」の住所は、北九州市小倉南区平尾台2-1-20(一戸建て物件、市街化調整区域)。床面積は120.93平方メートル(和室2室、洋室3室)で、最大滞在者数は15人となる。宿泊予約など詳細は、「STAY JAPAN」にて7月29日より公開する。