マイケル・フェルプス【写真:Getty Images】

写真拡大

競泳界の元怪物がホホジロザメと対決

 オリンピックで23個の金メダルを獲得した競泳界の怪物マイケル・フェルプス。現役を引退した同氏が米ディスカバリーチャンネルでホホジロザメと対決することになり、大きな話題を呼んだ。この対決は結果的に2秒差でホホジロザメが勝利したが、このレースの模様に海外では賛否の声が上がっている。

 32歳の元怪物が挑んだのは映画「ジョーズ」のモデルにもなったホホジロザメ。米ディスカバリーチャンネルの夏恒例の企画「Shark Week」により実現したレースではフェルプス氏が38.1秒、巨大サメが36.1秒でゴールし、2秒の差がついた。

 レース途中までフェルプス氏がリードするなど終盤まで競った展開は見応えもあったが、今回の企画には海外で不満の声も上がっている。

 海外メディアによると、今回はフェルプス氏の安全を第一に考え、直接対決を回避。100メートルを全力で泳がせたホホジロザメのタイムを計り、それを基にCGで巨大なサメが泳ぐ映像を再現。フェルプス氏が海で100メートルを泳いだ映像に合成し、両者を競わせた。

視聴者から渋い反応も…

 英メディア「ガーディアン」電子版は、この模様に視聴者が渋い反応を見せたことを紹介。放送前にはフェルプスと巨大サメが直接対決しない事実は説明されていたものの、「正直、フェルプスと偽物のサメのレースを見てしまい、馬鹿みたいに1時間を奪われたような感覚だ」、「フェルプスとCGのサメとの競泳に1時間待たされたことで、ディスカバリーはクレームを受けているに違いない」と、SNS上で落胆の声が相次いだという。

 一方、「Shark Week」の公式ツイッターには「全体的に面白すぎる!」、「フェルプスのナイスな挑戦だ! ただ、勝者はサメだったね!」などの声も寄せられており、レースを純粋に楽しんだ視聴者もいた模様だ。

 米メディア「FOX NEWS」はフェルプス氏が「おそらく人生で最もハードなレースだったよ」と振り返り、「銀メダルは好きじゃないけど、グレート・ホワイト(巨大サメ)には譲らないとね」と潔く敗北を認めるコメントを残したことをレポート。ウェットスーツとフィンを装着しても、ホホジロザメを打ち負かすことは難しかったようだ。

 一方、フェルプス氏は自身のツイッターで「再戦? 次は…温水で」と新たなレースを匂わせるコメントも投稿しており、リベンジマッチが実現するか、注目だ。