弁当箱でほっかほかごはんが炊ける!? サーモスからハイテクな弁当箱が新発売

写真拡大

サーモスは、9月1日より、生米からごはんが炊ける弁当箱「サーモス ごはんが炊ける弁当箱(JBS-360)」を発売します。魔法びんの進化によって、マイボトルで自分好みの温度の飲物を外出先に持ち歩くのは、日常的なことになり、ランチタイムに温かいスープを持って行くことも出来るようになりました。本商品は更に進化した真空断熱構造で、お米の浸水なし、レンジ加熱8分プラス保温30分で炊飯することができるお弁当箱です。

使い方は、お米を入れて洗い、水を容器本体の目盛の位置まで入れ、炊飯パーツを取り付けて電子レンジ500Wで8分加熱します。加熱後、保温ケースにセットしてフタを付け替えて30分保温で出来上がり。ステンレス製魔法びん構造の高い保温力で蒸らすから、浸水なしでもごはんが炊き上がり、そのまま電気を使わずに保温もできます。

お米を浸水する時間がいらないので、ランチタイムに使うことも出来そう。また、1回に炊ける量は1食分を想定した0.7合なので、ひとり暮らしの炊飯器代わりに使えますね。希望小売価格は、6000円です。