@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

「ドラゴンフライズ」の営業/宣伝活動などで活用

プロバスケットボールリーグ「Bリーグ」に所属する「ドラゴンフライズ」のプロモーションカーとして営業や宣伝活動などで活用する、CX-5に施すグラフィックデザインは、マツダのデザイン本部が担当した。

ドラゴンフライズをモチーフに「ダイナミックなリフレクションの動きを持ったボディサイドの上にトンボ(ドラゴンフライ)の羽を描くことで、試合で躍動するドラゴンフライズのイメージを表現した」とのことだ。

この取り組みは、ドラゴンフライズの提案により始まり、ドラゴンフライズが主導する「広島でつながる『バスケ』と『クルマ』。世界一のラッピングカーHIGH-FIVE(ハイファイブ)製作プロジェクト」として実施しているものである。

命名「HIGH-FIVE」 マツダとドラゴンフライズでシナジー期待

今回の決定を受けて、マツダの常務執行役員、前田育男(デザイン・ブランドスタイル担当)は、「ドラゴンフライズの経営理念にある『バスケットボールを通して人と人がつながり、笑顔が溢れるコミュニティづくり』と、マツダが目指す『クルマを通じて、お客様の人生をより豊かにし、お客様との間に特別な絆を持ったブランドになる』に通じるものがありました」とコメント。

また「両社とも広島を拠点に活動する企業であり、地元の活性化につながることを期待して、ご提案に応えました。今回製作するプロモーションカーが、バスケットボールやクルマを愛するすべての人、両社の地元である広島の皆さまにとって特別な存在になることを期待しています」と語った。

ドラゴンフライズは、このプロモーションカーを「HIGH-FIVE」と命名し、「Bリーグ」の2017〜2018シーズンが開幕する10月2日までにお披露目する予定。