市川海老蔵

写真拡大

「海老蔵さんは『ありがたいことに、昼から夜までずっと芝居のことを考えているので、泣いたり、くよくよする間がないですよ』とスタッフには明るく振る舞っていますが、共演している市川右團次さんや市川中車さんなど、親しい人には『やっぱり、朝だけはキツイです……』と弱音をこぼしています」(歌舞伎関係者)

 現在、「七月大歌舞伎」の真っただ中にある市川海老蔵。

「麻央さんが亡くなってから悲しむ間もなくこの舞台が始まったのですが、海老蔵さんは座頭として演出も担当しているので、自分だけでなく周囲にも厳しく指導して、自らを奮い立たせています。息子の勸玄くんと一緒に宙乗りすることも話題になり、チケットは昼夜とも完売しているので、『見に来てくれるお客さんに、歌舞伎を楽しんでもらいたい。だから、悲しい表情を見せるわけにはいかないんです』とスタッフに話していました。ただ、今回共演している右團次さんとは、いろいろと深い話もしているようですね」(松竹関係者)

 右團次と海老蔵は、以前から特別な仲でもある。

「そもそも、右團次さんは歌舞伎の外の世界から襲名した人で、その道筋を作ったのはほかでもない海老蔵さんなんです。右團次を襲名するように計画していたのは今から8年前で、そのときから海老蔵さんと右團次さんは歌舞伎界の今後について、いろいろと話し合っていたそうです」(芸能事務所関係者)

 その話題の中心が、4歳になる息子の勸玄くんと6歳になる右團次の長男タケルくんの将来だという。

「1月に2代目市川右近を襲名した右團次さんの長男タケルくんが6歳ということもあって、海老蔵さんは『将来は勸玄とタケルくんにお互い跡を継いでもらって、歌舞伎界を背負っていってほしい。だから、あと20年以上は体に気をつけてやらないと……』と言っていました。麻央さんのことがあってから、海老蔵さんは今まで以上に自分の体のことを気にするようになったとか。専属のトレーナーさんと毎日のように細かいトレーニングをしたり、予防のために病院でいろいろな検査を受けたりして、勸玄くんを一人前の歌舞伎役者にするまで、健康な体でいようと気をつけているようです。海老蔵さんはお祖父さん(享年56)を胃がんで、お父さん(享年66)を白血病で、いずれも若くして亡くしています。そんなこともあり、今年40歳になる海老蔵さんから『20年以上』という言葉が出てきたんでしょうね。市川宗家の躍進は海老蔵さんにかかってる、といっても過言ではありませんからね」(前出・松竹関係者)

 海老蔵が担う責任は、あまりにも重い。