信じられない迷惑撮影 アサヒカメラが告発

写真拡大 (全3枚)

 カメラの技術も発達し、プロだけでなく、撮影好きの活動がアクティブな昨今。良い写真が撮りたい、という気持ちが高じて一線を踏み越えてしまう人がいるようだ。富士山や北海道など、人気撮影地で起きている環境破壊とトラブルを告発する「アサヒカメラ2017年8月号」が発売された。

 撮影場所にスピーカーを持ち込んで演歌を爆音で鳴らす。撮影の邪魔だと言って草木を平気でなぎ倒す。フクロウの目を開かせようと石を投げつける。モモンガの巣穴のある木をバットで叩く。同じ写真を撮らせまいとしてサンコウチョウの営巣中の巣を勝手に撤去する……。撮影愛好家の恥ずべき行為の目撃談だ。こうしたマナー違反の一因には、そもそも「いい写真」の捉え方に問題があるという。

 最も人気の被写体ながら難しいのが「自然・風景」写真。交通手段の発展や、インターネットによる情報共有が進んだことで、世界中のあらゆる絶景が撮りやすくなった一方で、「普通にきれいな写真」というだけでは、SNSやコンテストでは高い評価を得にくくなった。自然・風景写真に必要なものは何か? あなたの風景写真はなぜ評価されないのか? などについて、人気写真家の作品とアドバイスが読める。夏休みを前に、自然や周囲への配慮を忘れない撮影のあり方を一読しておこう。価格は900円(税込み)。