日本テレビの水卜麻美アナウンサー(30)の周辺がにわかに騒がしくなってきた。発売中の「アサヒ芸能」「週刊大衆」が、来春に日テレを退社しフリーに転身すると報じている。水卜アナは飾らない性格とポッチャリ体形で、「好きな女子アナウンサーランキング」で4連覇を達成中。誰もが認める現役ナンバーワンのアナウンサーだ。

 そのため、以前から“フリー転身”の話が後を絶たず。女子アナとしては、元フジテレビの加藤綾子以来の“大型案件”になりそうなのだ。仮に水卜アナがフリーとなれば、年収は軽く1億円を超えると予測されていて、各芸能事務所が“争奪戦”を繰り広げているともいわれる。今回、これほどアチコチで退社情報が報じられているのには、ある“ワケ”があるという。

「実は今年の24時間テレビのマラソンランナーがまだ発表されていないのです。昨年は5月末の段階で、林家たい平が走ることが発表されていて、今年はいつもより大幅に遅れている。夏休みに入った今頃は、ランナーが練習している様子などを放送していてもおかしくない。一体、何があったのかと、さまざまな臆測を呼んでいたんです。その中で、ランナーとして名前が浮上したのが、水卜アナでした。“退社の花道”として走るのではとの見方です」(スポーツ紙記者)

 日テレは24日の定例会見で、福田博之編成局長が「マラソンはやります」と断言したが、ランナーが誰であるかは明かさなかった。これまで、ランナーの発表は番組内で行われるのが通例だ。30日放送の「行列のできる法律相談所」では、24時間テレビに関する発表があるというが、やっぱり水卜ちゃんで決定なのか。