米プロバスケットボール(NBA)、クリーブランド・キャバリアーズ移籍が決定したデリック・ローズ(2016年12月11日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米プロバスケットボール(NBA)のクリーブランド・キャバリアーズ(Cleveland Cavaliers)は25日、2011年のシーズン最優秀選手(MVP)デリック・ローズ(Derrick Rose)と1年契約を結んだと発表した。

 今回の契約は24日から広く報じられており、複数メディアはフリーエージェント(FA)となっていたローズが最低年俸210万ドル(約2億3000万円)で合意したと伝えていた。

 キャバリアーズのゼネラルマネジャー(GM)に先日就任したコービー・アルトマン(Koby Altman)氏は声明で「デリックのような力と経験を兼ね備えた選手をチームに加えることができて非常に興奮している」と語った。

「デリックは複数の別チームに行く可能性もあったが、彼の勝利に対する明確な考えや目標、そして取り組みや献身がキャバリアーズとのサインに導いた」

 先週にはロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)と交渉していたローズは、24日にキャバリアーズ首脳陣と面会。ウェブサイトのCleveland.comによると、たびたび故障に悩まされてきた同選手は、すでにメディカルチェックを通過したという。

 一方のローズも声明で「勝利のためにプレーしたいということしか頭にない」、「そういった献身性を共有するロースター、そして組織の一部となり、キャバリアーズで優勝を目指せるというのが私にとって唯一重要なことだ」とコメントした。

「クリーブランド(Cleveland)に来られて非常にハッピーだ。仕事を始めるのを楽しみにしている」

 現在28歳のローズは昨季、ニューヨーク・ニックス(New York Knicks)で64試合に出場して平均18得点、3.8リバウンド、4.4アシスト、フィールドゴール(FG)成功率47パーセントの成績を残したが、けがによりシーズンに途中で幕を下ろした。
【翻訳編集】AFPBB News