食卓や宅飲みの一品に、さっと用意できるトマト系レシピはいかがでしょう?

ジューシーで甘みがあって酸味もあるトマト。その風味を活かしたシンプルなレシピはいろいろなシーンで役立つはず。これまでご紹介したレシピをまとめてみました!

孤独のグルメでも旨そうだった「トマトの酢漬け」

テレビドラマ『孤独のグルメ』の第6シーズンにも登場した「トマトの酢漬け」。トマトの酢漬けはダイエットメニューとして好まれていますね。キュ〜っとした酸っぱさと旨みがたっぷりで、おいしい一品としてもおすすめです。作り方はけっこうカンタン。食事やお酒のお供にどうぞ〜。

用意するものトマト(Lサイズ) 1個酢 大さじ3砂糖 小さじ2醤油 小さじ2塩 小さじ1/2だし汁 大さじ2作り方酢(大さじ3〜4)、砂糖(小さじ2〜大さじ1)、醤油(小さじ1〜2)、塩(小さじ1/2)、だし汁(和風だしの素を薄めた水でOK、大さじ2)をボウルに入れてよくかき混ぜ、漬けダレを作るトマトの中央あたりに薄く十字の切り込みを入れ、沸騰したお湯に数秒〜数十秒入れてすぐに上げる熱でズルっとむけた皮を剥がし、ヘタも取り除くトマトを1〜2cm間隔で切り分けるトマトと漬けダレを容器に入れ、冷蔵庫で数十分〜一時間ほど置けば完成!
※旨みを出すなら一晩置くとよい

ごま油と相性バツグン「ミニトマトのナムル」

ごま油などでさっと野菜を和えるだけのナムルはもちろんトマトでもおいしい! 「ミニトマトのナムル」は塩気がトマトの甘味をぐっと引き立て、さらにごま油の風味が加わることで旨味がビシっと決まる一品。おかずやおつまみにどうぞ。もやしを加えてもおいしいですよ!

用意するものミニトマト 6個〜8個 小さじ1/2〜1/3ごま油 小さじ1ごま 小さじ1作り方ミニトマトを半分に切って、ヘタも取っておくボウルなどの容器にミニトマトを入れ、ごま油(小さじ1)と塩(小さじ1/2〜1/3)を和えるれば適当な量のいりごまを加える。お好みで少々のおろしにんにくや黒胡椒などで味を調整すれば完成!

さわやか酸っぱいタモリ流「フルーツトマトとスナップエンドウ」

「フルーツトマトとスナップエンドウのサラダ」は、糖度の高いフルーツトマト果汁の優しい甘味とさらっとまろやかな酸味がおいしいメニュー。実はこれ、料理の腕前も一流のタモリさんがかつてテレビ番組で披露したレシピです。夏にぴったりの一品、ぜひ作り方を覚えておきましょう。

用意するものフルーツトマト 1パックスナップエンドウ 1パックバルサミコ酢 大さじ2ポン酢 大さじ2黒ごま 大さじ1作り方フルーツトマト(なければ甘めの品種の普通のトマトでOK)を湯剥きする。切り込みを入れたトマトを熱湯で数秒茹でて皮を剥くだけ沸騰させたお湯でスナップエンドウも2〜3分茹でるスナップエンドウの筋をカットバルサミコ酢とポン酢を各大さじ2で混ぜてボウルなどに入れ、トマトとスナップエンドウを加えて和える皿に盛り付け、お好みで黒ごまをかければ完成!

*    *    *

以上、夏においしいトマトレシピまとめでした〜。