普通に話してもエセ関西弁だと思われる!? 三重県民の悲しみ

写真拡大 (全2枚)

今回お話をうかがったのは、サンミュージック所属のお笑いコンビ「サツキ」の門脇さん。多くの三重県民が抱える「深い悲しみ」とは!?

「三重県出身なんですけど、地元の方言が、割と関西弁寄りで、女の子とかとしゃべると、『あれ、関西出身なんですか?』みたいに聞かれることが多いんです。それで『いや、三重県だよ』って答えると、ほぼ100パーセントの確率で『は?』っていうリアクションをされるんです。『どこですか?』みたいな。下手すると、『あれ? じゃあ、エセ関西弁なんですか?』みたいな空気になってしまうんです。

あと、関西人としゃべるときは、『どこ?』って言われて、『三重県』って答えると『ああ、なんや、三重か』と、なぜかものすごくガッカリされます。出身者である自分が言うのもなんですけど、三重県って関西にも中部にも属していないような中途半端感が強いんですよ。たとえば、名古屋だったら、方言にも名古屋っぽさがある。岐阜だったら、割と標準語っぽい。でも、三重県だけは、どういうわけだかすごくなまっていて、おまけに関西の色もある。そういう微妙な立ち位置のせいで、みんなに意味もなくガッカリされてしまうことが多いんです。

そもそも、ほとんどの人は三重県の場所も知らないんじゃないですかね。白地図とか見て、ちゃんと指差せますか? それに、分かったとしても、そこに何があるかまではあんまり知らないと思います。松坂牛、伊勢エビ、伊勢神宮、鈴鹿サーキット、これ全部が三重県にあるんです。実は三重はすごいんですよ。ただ、ビックリするくらいに知名度がない。そのせいか、三重県の人は自分の出身地をあまり堂々と言えないんですよ。隠しておきたいとか、恥ずかしいとかじゃなくて、言っても興味を持たれないから悲しいんです。

ちなみに、ニッチェの近藤さんは三重県の観光大使をやっているんですけど、近藤さんは僕と同じ高校の出身なんですよ。僕もいつかは、観光大使になって、三重県の良さをもっと強くアピールしていきたいですね」