TBS「カンナさーん!」の主演を務める渡辺直美

写真拡大

 お笑いタレントの渡辺直美(29)が主演を務めるTBS「カンナさーん!」(火曜後10・00)の第2話が25日に放送され、平均視聴率は12・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが26日、分かった。まだ第2話とはいえ、同枠「火曜ドラマ」の大ヒット作「逃げるは恥だが役に立つ」(昨年10月クール、新垣結衣主演)を上回るペースで好調に推移している。2014年4月期に新設された「火曜ドラマ」としては初回、第2話とも歴代最高を記録した。

 「火曜ドラマ」初回の従来の最高は、前クールの話題作「あなたのことはそれほど」(波瑠主演)の11・1%。「カンナさーん!」初回は12・0%。「逃げ恥」初回の10・2%も上回る好スタートを切った。

 「カンナさーん!」第2話は0・6ポイント上昇し、12・6%。「火曜ドラマ」第2話の従来の最高は「逃げ恥」の12・1%。これも上回った。「カンナさーん!」がどこまで数字を伸ばすのか、注目される。

 原作は2001〜07年に漫画誌「YOU」(集英社)で連載された深谷かほる氏の同名漫画。ゲスな夫・礼(要潤)に浮気をされ、理不尽な上司に悩まされるも、愛息のために前向きに毎日を生きる服飾デザイナー、カンナ(渡辺直美)の奮闘をハートフルに描く。渡辺のゴールデン・プライムタイムのドラマ主演は初。

 共演は斉藤由貴(50)シシド・カフカ(32)山口紗弥加(37)工藤阿須加(25)トリンドル玲奈(25)ら。「ブスの瞳に恋してる」「山田太郎ものがたり」などの脚本を手掛けた俳優のマギー(45)が台本を担当。演出は「砂の塔〜知りすぎた隣人」などの平野俊一氏ほか。主題歌は歌手・AI(35)と渡辺によるデュエットソング「キラキラ feat.カンナ」。

 第2話は、バツイチ、シングルマザーとなったカンナ(渡辺)。仕事も育児も誰にも頼らないと宣言した手前、1人、仕事と育児をこなす。その折、職場の後輩・翔子(トリンドル)が大量の発注ミス。翌朝には発送しなくてはならない6000枚の服全部に、致命的なミスが発覚して…という展開だった。