メルセデス・ベンツ、Cクラスの特別仕様車「ローレウスエディション」を発売

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本は、Cクラスに特別仕様車「ローレウスエディション」を設定し、7月25日に発売した。

今回ラインアップに追加する特別仕様車「C180 ローレウスエディション」と「C220d ローレウスエディション」は、セダンおよびステーションワゴンに設定。

エクステリアとインテリアにAMGラインを装備し、オプション設定の前席シートヒーター、シフトとアクセルを操作するだけで縦列および並列駐車をサポートするパーキング・パイロット、スポーティな走りを実現するスポーツサスペンション(C180)や、エアスプリングと連続可変ダンパーを電子制御することで快適な乗り心地を実現するAIRMATICアジリティパッケージ(C220d)、開放的な室内空間を演出するパノラミックスライディングルーフ(ステーションワゴンのみ)などを標準装備した。

全てのローレウスエディションのセンターコンソールには「Laureus」のロゴがデザインされたバッジが装着される。

価格は、「C180 ローレウスエディション」が498万円〜540万円、「C220dローレウスエディション」が575万円〜619万円。