高須克弥氏

写真拡大

25日、高須クリニック院長の高須克弥氏が、自身のTwitterアカウントで、同日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に出演した、浅野史郎元宮城県知事に謝罪を求めた。

番組では、24日に民進党の蓮舫代表と大西健介議員を名誉毀損で訴えていた高須氏が、第1回口頭弁論に臨んだ様子をVTRで伝えた。

事の発端は、5月17日の衆院厚生労働委員会で、大西議員が悪徳美容外科の誇大広告などの問題を取り上げた際「CMも陳腐なものが多い」「『イエス〇〇』と連呼するだけのCM」などと、高須クリニックを連想させるような発言をしたことによる。

法廷では、高須氏が意見陳述書を読み上げたそう。意見陳述書によると、同院が掲げる「YES!高須クリニック」のキャッチコピーは、高須氏の亡き妻が遺してくれた遺産であり、かけがえのない宝だという。

スタジオでは、司会の宮根誠司が浅野氏にコメントを求めた。浅野氏は「名誉毀損ていうのは事実と違うことを摘示して、名誉を毀損するというもの」「国会で言ったかどうかは別として、普通の平場で言ったとしても、これは真実を言ったんですよ」「だからもしあるとすれば、この正直者って怒るようなもんです」とコメント。

宮根は「YES○○って、たとえはよくない」と指摘するも、浅野氏は「いやいや、高須クリニックって言ったって別に構わない」と反論。しかし、宮根が「悪徳にまとめられるって言う点で怒っている」と、高須氏が提訴するに至った要因を説明すると、浅野氏は「そんなん名誉毀損じゃないじゃないですか」と吐き捨てたのだ。スタジオは一瞬静まり、その後、宮根がフォローをしようとするも、番組はそのままCMに入ってしまった。

一連のやりとりについて高須氏は自身のTwitterアカウントで「血祭りにあげてやろうかな」と怒りの投稿。さらに高須氏は、浅野氏の発言は「明確な名誉毀損」とし、顧問弁護士を通して番組に警告を出し、浅野氏から26日中に謝罪がなければ提訴する旨を投稿した。




【関連記事】
高須克弥氏 大西健介議員の「陳腐」発言に激怒したワケ「CMは女房の遺品」
高須克弥氏が恋人に整形手術をしない理由を語る「愛が冷めてしまう」
高須克弥氏と妻の西原理恵子氏が友人関係から交際に発展した経緯を告白